ボイメンファミリー ガチンコ水泳大会、試合後は念願の“ドーム”に向け一致団結

東海地方出身・在住の10人のメンバーで構成されたエンターテイメント集団“ボイメン”こと、BOYS AND MENが所属するフォーチュンエンターテイメントが、所属男性グループ勢揃いの水泳大会を9月16日に開催した。題して、「ドキッ! 下剋上 男だらけの水泳大会」。

エンターテイメント系の水泳大会といえば、懐かしく思い出されるのが芸能人水泳大会。男女交えた人気タレントが一堂に介して、お色気や肉体美を披露してプールで戯れる姿は目の保養になったものだが、今回参戦したのは、すべて男。ボイメンを筆頭に、弟分である祭nine.やBOYS AND MEN研究生と、これからデビューを控える新人のエリア研究生たち“ボイメンファミリー”が、『日本ガイシアリーナ』の競泳プールに一堂に集結して、様々な競技にチャレンジした。


競技は全部で6種目。浮島を目指すボートレース、水上の浮島に置かれた小道具を使った障害物レース、ガチンコな25メートル競泳、水入れ合戦、浮島で落とし合いを繰り広げるバトルロワイヤルに、最後は目玉となるリレーなど、白熱したパフォーマンスを繰り広げた。

とりわけ張り切ったのは、白組のリーダー・勇翔。もともと水泳をやっていたというほどの実力者で、最後はMPV賞まで受賞するほどの活躍っぷり。紅組のリーダーである辻本達規(BOYS AND MEN)は、2017年、日本スイミングクラブ協会からベストスイマー賞を受賞し、さらには、この日のために毎日水泳を練習していたというが……。辻本「最後は白組に負けてしまってリーダーとして不甲斐ない」と悔しがりながらも、5種目めのバトルロワイヤルでは、エリア研究生の高橋真佳把に、「すいません! 先輩」と容赦なく落とされ、見どころを大きく演出した。が、最後は僅差で白組が優勝した。

途中、スペシャルゲストとして、北京オリンピックのメダリストである宮下純一が思いがけずに登場。解説を担当してくれるとともに、スペシャル対決として、「メダリストに勝てばスペシャルボーナス!」がもらえるサプライズ競技には、会場に集まった約3500人も大盛り上がり! 日本記録保持者にボイメンは勝てるのか⁉︎ と会場が息をのんだ結末は? スピードスイマーの勇翔の勢いで白組のコースが勝利。

宮下「3日前に同じ事務所の(和田)アッコさんから電話があって、オマエ、ボイメンに負けたらどうなるかわかってんのか!」と喝を入れられたことを暴露。そんなハプニングあり、笑いあり、感動ありの水泳大会に、メンバーも会場の観客も大満足の至福の時となった。

2019年1月14日には『ナゴヤドーム』でのワンマンライブが決定し、ますます躍進を遂げているボイメン。ボイメンファミリーの水泳大会、今後はこの季節の夏の風物詩になること間違いなしだ。

 なお、本イベントはニコニコ生放送で生中継され、10月16日までタイムシフト機能で見逃し視聴することが出来る。

ジャンルで探す