芸能

宮脇咲良「圧で勝つ」じゃんけん大会、勝利の秘策を公開

9月24日(日)に開催される「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017」。今年は、グループの垣根を超えユニットが結成され、個人のイベントから様変わりしたじゃんけん大会となる。「運」だけで優勝ユニットはメジャーデビューが約束されるこのイベントで、最も注目を集めているのは「はんたんねぇ」。AKB48横山由依、NMB48山本彩、HKT48宮脇咲良という超人気メンバーが集合したユニットとなる。

今回、光文社より絶賛発売中の「AKB48グループ ユニットじゃんけん大会 公式ガイドブック2017」でも、3人が「私たちが勝つことで大会を盛り上げる!」とインタビューに答えている。

hantan


―1回戦は「LIL」(佐藤佳穂、森平莉子)が相手です。

宮脇
圧で勝ちます。合言葉は「圧で勝つ」(笑)。私、過去の大会で、圧で勝ったこと3回くらいあります。

山本
ほんまに?

宮脇
じゃんけんするとき、拳を突き合わせるじゃないですか。そのとき、めっちゃ押し合っているんですよ。そこで引いたら負けなんです。私、さっほー(岩立沙穂)に圧で負けたことありますから。「ヤバい!」と思って、負けを覚悟しました。その瞬間、「もういいや」と思っちゃって。そしたら、もう負けなんです。

山本
わかる!私も予備戦で福本愛菜(卒業)と戦って、もう、目が怖くて!ふだんふざけ合う仲なのに、ガチで睨んできたから、マジで怖かった。目を逸らしちゃったから。

横山
私はその圧で勝つタイプやな。やっぱり目を逸らしたらあかん。

宮脇
総監督に睨まれたら、どうしようもない(笑)。

横山
と言いつつ、1回戦で負けたら恥ずかしいわ(笑)。でも、過去の大会に出てわかったことは、じゃんけんは気持ちっていうこと。

宮脇
ほんとにそう思う!

横山
私の最高順位は3位なんですけど、あの日の朝、お姉ちゃんから「『マジすか』のおたべみたいな気持ちで戦いな」ってメールがあったんです。ヤンキーの気持ちになって戦えっていう意味なんですけど、そのとおりに戦ったら勝ち進んでいって。

山本
へー、そうなんや!

横山
で、優勝したぱるる(島崎遥香・卒業)と戦うとき、笑っちゃったんですよ。そしたら、負けたっていう。だからね、じゃんけんは圧と目ヂカラ。これに尽きる。