川栄李奈、ヤンキーOL姿で強烈インパクト「喧嘩シーン多かった」

女優の川栄李奈が2月28日、オンラインで開催されたファッションイベント「第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMER」(TGC)に出演した。

女優の永野芽郁が主演を務める映画『地獄の花園』(5月公開)のステージが行われ、永野、広瀬アリス、遠藤憲一、大島美幸、勝村政信川栄李奈、松尾諭、丸山智己が登場。全員、役衣装である特攻服姿を披露した。

本作は、バカリズムの脚本が脚本を手掛けるオリジナル作品で、「地上最強のOLに成り上がれ!」をテーマに、日本中のOLが喧嘩上等の抗争を繰り広げるストーリー。川栄は、営業部を牛耳る佐竹一派を束ね、切れると手が付けられない事から通称“狂犬 紫織”の異名で呼ばれ、会社の完全制覇に向け勢力伸ばしているヤンキーOL・佐竹紫織を演じる。

永野や広瀬らとともに特攻服姿で登場し、睨みをきかせながらランウェイを歩いて強烈なインパクトを放った川栄。その後のトークで、「喧嘩シーンやメンチを切る場面が多かったけど、撮影は賑やか。エンケン(遠藤憲一)さんが面白くてムードメーカーだった」と収録を振り返った。

撮影:蔦野裕

ジャンルで探す