乃木坂46衛藤美彩、3月末で卒業「自分の見たことない自分にも出会いたい」

アイドルグループ・乃木坂46の衛藤美彩が14日、自身のブログを更新し、3月末でグループを卒業することを発表した。

衛藤は「いつも応援してくださる皆さんへ。今日は、いきなりの発表になってしまいますが このブログを通して皆さんにお伝えしたいことがあります」と書き出し、「私、衛藤美彩は 乃木坂46を卒業します」と発表。「卒業を考え始めたのは 一年前、去年の誕生日を迎えたあたり、これから先どのようにして生きていきたいかと自分の心の声を聞く機会が増え、より具体的に活動のことも人生のことも考え出すようになったからです」と卒業を考え始めた時期を明かした。

そして、乃木坂46での活動を振り返ってから、「まだまだ理想の自分とは言えないけど、これから先もっともっと 自分の見たことない自分にも出会いたいし、きっと出会えると信じられます。そう信じられるのは この8年間 諦めずに頑張ってきて 本当に沢山の夢を叶える事ができたからです」と心境を告白。「乃木坂46の活動で、どんな状況でも諦めずに頑張っていれば、その姿を見てくれている人は絶対にいると分かったからです。メンバー、スタッフの皆さん、お仕事で関わった皆さん、ファンの皆さんが、わたしに自信をくれました」と続けた。

さらに、「私は乃木坂が大好きです。2011年の夏、みんなと出会ってから私の人生は大きく動き始めました。沢山の可愛い後輩もできて 今では皆んな頼もしくて、、、愛おしくて」とグループへの愛をつづり、「だからこそ、もちろん、離れてみて分かることや 自分がどれだけ恵まれた環境で活動させて頂いていたのかも痛感する事もあると思いますが、、私らしく前を向いて これからも頑張っていこうと思いました」と記した。

3月19日に両国国技館で卒業ソロコンサートを開催することも発表し、「まさか自分がソロコンサートをやらせて頂けるなんて。いつかは挑戦してみたいなぁ...とは思いつつも、まさかこの卒業というタイミングで本当に実現するとは思ってもいなかったので本当に信じられないくらいに嬉しいです!」とコメント。なお、グループでの最後の活動は、3月31日の大阪全国握手会とのこと。「残された時間は少ないですが、、、最後まで全力で頑張りたいと思っていますので、応援よろしくお願い致します」と呼びかけた。

ジャンルで探す