水原希子、全米で話題のリアリティ番組『クィア・アイ』出演決定

モデルで女優の水原希子が、Netflixオリジナルシリーズ『クィア・アイ』(シーズン1~2独占配信中)のスペシャルシーズン『クィア・アイ: We’re in Japan!(原題)』に出演することがこのほど、明らかになった。

『クィア・アイ』は、ファビュラスな5人、通称“ファブ5”であるアントニ(フード&ワイン担当)、ボビー(インテリア担当)、ジョナサン(美容担当)、カラモ(カルチャー担当)、タン(ファッション担当)らが、悩みを抱えて自信を失った人たちを大改造して、魅力的に生まれ変わらせるリアリティ番組。特徴は、彼らが全員ゲイであり超個性的で、それぞれの分野のプロフェッショナルであること。その斬新なアイディアや、弱者の立場に立った言葉は多くの視聴者の胸を打ち、全米批評家サイト「Rotten Tomatoes」の評価でも91%(1月29日時点)と高い評価を得ている。

このたび、日本が舞台となるスペシャルシーズン『クィア・アイ: We’re in Japan!(原題)』に、水原希子さんの出演が決定、ファブ5と撮影中のオフショット画像が初公開された。モデル、女優としてグローバルに活躍している水原は、ファブ5のガイド役として全4話に出演、特に美容やファッションなどの知識を生かし、ファブ5が日本の料理やファッション、デザイン、美容、メイク、カルチャーを学びながら行う男女4人の大改造をサポートする。

水原は「『クィア・アイ』をNetflixで見ていたのでオファーを受けた時は驚きました! 素晴らしい作品に参加できることにとても興奮しています! ファブ5の大改造によって、依頼人の人々が、外見だけでなく内面も変身し、違う視点で世界を見られるようになる姿は、たとえ自分と悩んでいることが違ったとしても深く感情移入してしまいます。撮影でファブ5の皆さんが依頼人の悩みをどう解決していくのか、どんな風に変わってどう思うのか、とても楽しみです。彼らに今の日本、東京を見てもらいながら、一緒に悩みを解決できるよう頑張ります!」と意気込みを語った。

同作のエグゼクティブ・プロデューサーのデヴィッド・コリンズは、「日本での撮影にあたり、ファブ5が日本独特の習慣やトレンドを理解していくため、日本の流行をリードして、そしてファブ5を導く存在が必要だと考えていました。Kikoが私たちのチームに入ってくれることに興奮している。彼女は番組のことだけではなく、日本のカルチャーや実情も把握しています。Kikoにオファーしたところ快く引き受けてくれました。彼女がファブ5と協力して依頼人を助けてくれることを楽しみにしていますし、今の日本を世界へ伝えてくれることを期待しています」とオファーの理由を明かしている。

ジャンルで探す