恵比寿マスカッツ1.5の藤原亜紀乃「おっぱいをツンツンされてガチ笑い」

グラビアアイドルの藤原亜紀乃がこのほど、東京・秋葉原のソフマップで最新イメージDVD『あそぼ』(発売中 4,104円税込 販売元:グラッソ)の発売記念イベントを行った。

借金をしている女性限定のユニット"ザ・マーガリンズ"(2016年に解散)ではリーダーを務め、2015年には恵比寿★マスカッツに加入して現在も同グループ(現在は恵比寿マスカッツ1.5)のメンバーとして活躍している藤原亜紀乃。アイドル活動以外にも女優やグラビアにと様々なジャンルでも活動している。そんな彼女の3枚目となる同DVDは、今年6月に都内で撮影。チャプターごとに社長やお兄ちゃん、旦那さんと遊ぶという設定で、随所で際どい衣装や水着を着用しながら、藤原のスレンダーボディーをたっぷりと堪能できる1枚となっている。

26歳ということで大人っぽい黒の水着姿で報道陣の取材に応じた藤原は「全体的なストーリーはありませんが、今回は社長とコスプレして遊んだり、ダンスをしながら一緒に身体を動かして遊んだり、お風呂に入ってシャボン玉で遊んだりと、"遊び"をテーマにしています」と全体の内容を説明し、「お風呂のシーンでは指し棒でおっぱいの横をツンツンされたんですが、すごくくすぐったくてガチ笑いしちゃいました。全然セクシーじゃなくなって、何度も撮り直しをしました」と撮影エピソードも。

最新作の自己採点は「40点です(笑)。エロくないのが反省点。タイトルからして色気がないし、お笑い要素が強いかな」と厳しかったが、「裏表紙にもなっている黒い水着を着たシーンはエロいと思います。ストッキングをエロく脱ぐように頑張りました!」とセクシーアピールも忘れなかった。

ザ・マーガリンズに加入した際に、借金が700万円あると告白した藤原。借金の理由を「大学の奨学金」と説明し、現在は「残り500万円から600万円ぐらいになりました。毎月少しずつ返してますよ。だいぶ先ですが、今の感じからすると60歳までには完済できるのかな?」と話していた。

ジャンルで探す