ムロツヨシ×永野芽郁『親バカ青春白書』、未公開シーン復活版が初回放送後からHuluで独占配信

『親バカ青春白書』<未公開シーン復活版>より

(C)NTV

 今夜スタートした俳優・ムロツヨシ主演の新・日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)。その「未公開シーン復活版」が、オンライン動画配信サービスHuluにて、地上波の本編放送終了後に毎週独占配信される。

 本作は、大学の同級生となった、たった2人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。福田雄一がオリジナル脚本の統括と演出を務める。

 ゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演となるムロが、娘が大好きすぎて同じ大学に入学してしまった親バカなシングルファーザーで小説家の小比賀太郎、通称“ガタロー”役、永野芽郁がその大事な箱入り娘の小比賀さくら役、新垣がガタローの最愛の妻でさくらの母親・幸子役をそれぞれ演じている。また、さくらの恋人候補を中川大志、さくらの親友役を今田美桜、同級生役を戸塚純貴、小野花梨が務める。

 「未公開シーン復活版」は、毎週、地上波の本編放送終了後に配信。“貴重な未公開シーン”をたっぷり加えて公開していく。

 本日2日に配信された「未公開シーン復活版」第1話では、ムロとゲスト出演した佐藤二朗のアドリブシーンや、ガタロー(ムロ)たちが通う大学の大村教授(野間口徹)とガタローが“父親同盟”を締結するシーン、さらに、さくらがまさかの落語を披露!?というシーンなど、本編から泣く泣くカットされた未公開シーンが約15分も盛り込まれている。

 日曜ドラマ『親バカ青春白書』は、日本テレビ系にて毎週日曜22時30分放送。「未公開シーン復活版」は、オンライン動画配信サービスHuluにて毎週地上波放送後に独占配信。

ジャンルで探す