スピンオフ『ハケンの珍客』に久本雅美&柴田理恵出演 ドラマ共演は18年ぶり

スピンオフ『ハケンの珍客』に出演する(左から)中村海人、柴田理恵、杉野遥亮

(C)日本テレビ

 女優の篠原涼子が主演を務めるドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。毎週、本編終了後にHuluにてスピンオフ『ハケンの珍客』が配信されているが、7月8日配信の第4話に、ワハハ本舗から久本雅美柴田理恵が出演することが決定した。2人が同じドラマに出演するのは、2002年以来、実に18年振りとなる。

 ドラマ本編と並行するもうひとつの物語が、井手裕太郎(杉野遥亮)、福岡亜紀(吉谷彩子)、千葉小夏(山本舞香)、三田貴士(中村海人)の4人をメインに描かれるスピンオフ『ハケンの珍客』。

 第4話となる今回は、『ハケンの珍客』撮影現場に到着した裕太郎(杉野)と、貴士(中村)の前に突如現れた女性プロデューサー(柴田)が、2人に衝撃的なメッセージを告げる。これにより、まったく予想もしなかった新機軸ドラマが展開することに…。さらに先輩社員・浅野務(勝地涼)から運命の電話が―。慌てふためいた2人は、派遣会社ワークゼアの田無元(永野宗典)にハケンを依頼。彼らの前に現れたのは、スーパーハケン・大前春子ほどではないが、「スーパーなハケン」二重橋直子(久本)だった。

 18年ぶりに同じドラマに出演する久本と柴田。久本は「出演させていただく4話から、世の中の状況も考えて撮影手法が変わるんですが、やってみるととても面白く、より映像表現の幅が広がった素晴らしい工夫になっているなと感じています」、柴田は「映像表現、そして私演じるプロデューサーと、久本演じる二重橋が、一体どんな風に新人社員を振り回すことになるのか…、是非楽しんでいただけたらと思います」とそれぞれコメントを寄せた。

 なお、『ハケンの品格』第4話では、大泉洋演じる東海林武が凱旋。大前春子との丁々発止が繰り広げられる中、包丁を振り回した挙句なぜか井手(杉野)と冷凍庫に監禁される。無敵の大前春子に一体なにが…。

 ドラマ『ハケンの品格』第4話は7月8日22時放送。スピンオフ『ハケンの珍客』第4話は、オンライン動画配信サービスHuluにて本編第4話終了後に配信。

ジャンルで探す