清原果耶が涙…さまざまな表情を見せる『宇宙でいちばんあかるい屋根』特報解禁

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』清原果耶の場面写真

(C)2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会

 女優の清原果耶が映画初主演し、女優の桃井かおりと共演する映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』より、さまざまな表情を見せる清原の堂々とした豊かな演技や、桃井との共演シーンを詰め込んだ特報が解禁された。

 本作は作家・野中ともその同名小説を映画化。主人公の14歳の少女・大石つばめを、2021年春のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』のヒロインに抜てきされた清原が演じる。監督を務めるのは、清原の出演映画『デイアンドナイト』でメガホンをとり、映画『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した藤井道人。

 ごく普通の14歳、つばめ(清原)は、父(吉岡秀隆)と、血のつながっていない母親(坂井真紀)との間に子どもができると知り、どこか疎外感を感じていた。ある夜、いつものように、通っている書道教室の屋上に上がったつばめは、派手な装いの老婆・星ばあ(桃井)と出会う。不思議な星ばあに次第に心を開き始めたつばめは、恋の話や家族の話をするようになる。そんなある日、つばめは思いを寄せる大学生・亨(伊藤健太郎)が交通事故に遭ったと聞かされる。

 特報は、「今、空飛んでましたよね!?」というつばめ(清原)の言葉とともに、空を見上げた彼女の目に星空を舞う老婆(桃井)の姿が飛び込んでくる場面から始まる。「年くったらなんだってできるようになるんだー」、とキックボードを乗り回してはしゃぐ、そんな星ばあと過ごしながら、悩める14歳の少女・つばめの表情は美しく輝き出していく。憧れの隣人・亨(伊藤)、父(吉岡)、育ての母(坂井)、産みの母(水野美紀)、書道教室の先生(山中崇)、元カレ(醍醐虎汰朗)といったつばめを取り巻く人々の姿が映し出される中、「ありがとう、星ばあ」という言葉とともに涙するつばめ。さまざまな表情を見せる清原の豊かな演技が映し出される。

 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』は9月全国公開。

ジャンルで探す