三吉彩花、矢口史靖監督から手紙のサプライズに感涙

『ダンスウィズミー』初日舞台挨拶にて

 クランクイン!

 女優の三吉彩花が16日、都内で行われた映画『ダンスウィズミー』初日舞台挨拶に登場。矢口史靖監督から三吉へと手紙が贈られるサプライズに、三吉が涙をこぼす一幕があった。

 同作は「ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?」をテーマに贈るコメディ・ミュージカルで、子供の頃からミュージカルが苦手なヒロイン・静香(三吉)が、催眠術によって音楽を聴くと歌って踊らずにはいられない体となってしまうというストーリー。イベントには三吉のほか、ムロツヨシ、やしろ優、chay、三浦貴大宝田明、矢口監督が出席した。

 同作のタイトルにちなみ「キャストの誰かとやりたいこと」を発表しあう場面でムロは「走るwith三吉彩花」とコメント。その真意は三吉の私服にあるとして、「スポーツブラに透明なシャツ着てるんですよ。透明だから全部見えてるわけですよ。だからこの姿で隣を走りたいと」と説明。すると「その際はムロさんもスポーツブラ?」との声があがり、ムロは「僕がなんでスポーツブラなんだよ! そこはいいんだよおちゃらけなくて」とツッコミを入れ、会場の笑いをさらった。

 イベント後半には、矢口監督から三吉へ手紙のサプライズが。矢口監督は手紙を広げると「オーディションで『僕だけは三吉さんでイケると思った。みんなは違ったけど。あなたなら絶対にこの役をやれます、保証します。安心して現場に来てください。顔が赤くなりやすいのはCGでごまかせます』と、そんなことを伝えました。でもあれ、あなたを安心させたくて言ったでまかせです。本当はなんの根拠もなくてただの勘でした。CGも嘘です。でも今なら言えます。僕の目に狂いはなかった。よく頑張りました。矢口組に参加してくれて本当にありがとう」と読み上げた。

 矢口監督の手紙に目を潤ませた三吉は「すみません、こんなはずじゃなかったんですけど」と弁解しながら、「私が主演で大丈夫なのかと自信をなくしたんですけど、いよいよ公開ですし、今日も朝から劇場に足を運んでくださったり、私のインスタグラムにも『観たよ』ってコメントを寄せていただいているのを観て、少しずつ自信に変わりつつあるので、みなさん応援していただければと思います」と涙ながらに感謝の言葉を述べた。

ジャンルで探す