『ミストレス』長谷川京子と杉野遥亮の“涙の再会”に視聴者「まさかの展開...」の声(ネタバレあり)

ドラマ『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合)に出演する長谷川京子と杉野遥亮

 クランクイン!


 女優の長谷川京子が主演を務めるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合/毎週金曜22時)の第9話が14日に放送された。香織(長谷川)の元に別れたはずの貴志(杉野遥亮)がやってくるシーンに、SNSには視聴者から「まさかの展開...」という声が多く寄せられた。
 父の自殺に関わったことを認めた香織を貴志は許せないでいた。7年前に死んだ夫の俊哉(吉沢悠)が生きていると知った友美(水野美紀)は、一度会ってミキ(筧美和子)との関係を問いただしたいと願う。樹里(大政絢)は玲(篠田麻里子)に対する恋心が再燃し、密かに逢瀬を重ねるようになった。冴子(玄理)は夫との関係が決裂。樹里の家に転がり込む。そんな時、香織は警察の取り調べを受けることに…。

※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。

 貴志の父・光一郎(橋本さとし)にモルヒネを処方したことから警察の捜査が及び始めた香織。自宅で彼女が頭を抱えているところにインターホンが鳴り、モニターを覗き込むとそこには貴志の姿が。部屋に招かれた貴志は香織を見つめると、目に涙を溜めながら「香織さん…今でも好きです」と告白。

 さらに貴志は「どうしてもあなたが…忘れようとしても憎もうとしても、やっぱりあなたが…」と想いを告げると、香織は「私がいけなかったの…あなたを好きになったりして…ごめんね」と応える。香織のこの言葉に貴志は思わず大粒の涙をこぼしてしまう。涙を流し続ける貴志に対して香織は「終わりにしよう」と一言。しかし言葉とは裏腹に香織も涙を流しながら、貴志のことを愛おしそうに見つめる。

 元愛人の息子と父の浮気相手という複雑な2人の再会シーンにネット上には「まさかの展開…」「おい好きなんかい!泣くんかい!」「また引っ付くの!?」「あのお母さんが許すわけないね…」と驚きのコメントが集まったほか、杉野の涙に「切ないすぎる」「ボロボロ泣いてる!すごい涙落ちてる」「上手で胸がぎゅっとなりました」と演技を賞賛する声も寄せられている。

ジャンルで探す