大倉忠義×成田凌『窮鼠はチーズの夢を見る』映画化決定

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』で初共演する(左から)大倉忠義、成田凌

(C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会


 関ジャニ∞の大倉忠義と俳優の成田凌が初共演を果たす映画『窮鼠はチーズの夢を見る』が2020年に公開されることが発表された。単独主演を務める大倉は本作について「人が人を好きになるということに境界線はないということを、この映画を通じて感じてもらうきっかけになればと思います」と語っている。
 本作は、水城せとなの人気コミック『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』を、『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』の行定勲監督のメガホンで実写映画化するラブストーリー。セクシャリティを越え、人を好きになることの喜びや痛みを、二人の男の姿を通して描いていく。学生時代から受け身の恋愛を繰り返してきた恭一役に大倉、そんな恭一に一途なアプローチを繰り返す渉を成田が演じる。

 広告代理店に勤める恭一は優柔不断な性格が災いし、不倫を繰り返してきた。ある日彼の前に妻から派遣された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・渉だった。不倫の事実を隠す代わりに彼が突きつけてきた条件は“カラダと引き換えに”という信じられないものだった。はじめは拒絶していた恭一だったが、7年間一途に想い続けてきたという渉のペースに乗せられ、やがて彼と過ごす時間が心地よくなっていくのだが…。

 恭一を演じる大倉は本作について「素直に、とてもピュアなラブストーリーだと思いました」と語ると、続けて「もちろん衝撃を受けましたが、恋に落ちるきっかけというのは、誰にも分からないものだなと」とコメント。

 渉役の成田は「現場に入り、大倉さんと対峙しないと見えてこない感情はきっとあると思いますが、今ヶ瀬という役に自分がどう寄り添えるか、今から胸が膨らみますし、心のスイッチが入りました」と語っている。

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は2020年全国公開。

ジャンルで探す