『ハン・ソロ/SWS』全員“悪党” 新・日本版ポスター解禁

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』新・日本版ポスター

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


 「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』から、ハン・ソロ、チューバッカ、ミレニアム・ファルコン、キーラ、ランドといった主要キャラクターが一堂に会する新たな日本版ポスターが到着した。
 本作は、銀河一の高速船ミレニアム・ファルコンを操る伝説の運び屋で“愛すべき悪党”ハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)と生涯の相棒となるウーキー族のチューバッカ(ヨーナス・スオタモ)の出会いや、悪友ランド・カルリジアン(ドナルド・グローヴァー)とのエピソードなど、若きハン・ソロの知られざる過去を描くアナザー・ストーリー。

 解禁された新・日本版ポスターは、まるでウエスタン風の指名手配書を思わせる雰囲気だ。“愛すべき悪党”と呼ばれるハン・ソロだけではなく、全キャラクターから<誰一人信用できない>予感が漂うデザインになっている。

 また、ポスターの解禁に伴い、謎に包まれていたキャラクターについて、キャスト・スタッフを含めた関係者から寄せられた証言も到着。主演のオールデンはハン・ソロについて「彼はあまり良い環境ではない所の出身で、自分でやりたいことをやる資金と、自由を夢見ているんだ」と紹介。一方、本作のメガホンを取ったロン・ハワード監督は「ハン・ソロは女ったらしだ」とコメント。プロデューサーでルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは「まだ未熟で経験も浅い。そして出会う人たちは最低の人たち(笑)」と愛情あふれるメッセージを寄せている。

 映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、6月29日に全国公開。

ジャンルで探す