高岡早紀、3人の子供の存在が女優としての深みにつながる

私服で登場した高岡早紀は、裏地にチュールがついたトレンチ×ボーダーのニット

 女優・高岡早紀(47才)との待ち合わせは横浜港。神奈川の海沿いで育ったといい、気持ちよさそうに潮風を感じながら、「海は大好きで心が落ち着く」と呟いた。カメラを向けるとさまざまな表情をみせたが、照りつける強い日差しに「あ~、もうだめっ」と耐えきれず目を細めてしまう。無邪気なその姿に現場から思わず「すごくかわいい」と声がもれると、「私もう“すごくかわいい”って年じゃないんだけどな」ところころ笑った。

 昨年放送されたドラマ『リカ』(東海テレビ・フジテレビ系)では、愛する人のためなら手段を選ばない純愛モンスターを熱演。狂気のストーカーぶりが「怖すぎる」と話題を呼んだ。

「『リカ』の反響は大きくて、怖い女性だと思われていることが多いみたい(笑い)」と高岡自身も語るなど、女優としての高岡早紀にはどこか近寄りがたい魔性の女といったイメージもあるが、素の彼女はとても自然体で気さくだ。ちなみにリカは自称28才だが、高岡は47才。

「今年、年女なんです。40代に入った頃は50才が節目だと思って見た目や中身が年齢に追いつけるよう、大人にならねばと気負っていました。ですが今は気を楽にその時々の自分を受け入れていきたい」

 成人した2人の息子と9才の娘をもつ母親だが、3人の子供たちを育てる中でも自然と肩の力が抜けてきたようだ。

「長男と次男がある程度育った頃に娘に恵まれたこともあって、今は孫感覚で娘を育てています(笑い)。お兄ちゃんたちとは年齢がもっと近かったのでどこか対等な部分もあったけれど、娘とは本当に“親子”という感じの距離感で女同士の楽しみもある」

 SNSでは度々、家族のエピソードを披露している。娘が登場することも多く、親子お揃いのコーデで出かけた様子や女ふたり旅のスナップなどがアップされている。

「お揃いのコーデは娘の学校でハロウィンイベントがあった時に、『ママも』って。こないだもお兄ちゃんの買い物に一緒にいったら『あっ、ママ、これかわいい』と娘がセーターを持ってきたんです。

 大人物でしたが、レースがついたかわいいセーターで『本当だね、ママこれほしいな』と言ったら、『一緒に着られるよね?』と目を輝かせるから、『そうね、そうしましょう』って」

 自身も背丈が伸びてきた頃から母の服を貸してもらっていた、と振り返る。

「面白いのは、写真でポーズする時の脚の角度が親子でまったく同じなんですよ。男の子たちもみんな同じで、彼ら兄弟は肩の下がり方も同じだったりして。DNAってすごいなぁ、怖いなぁって(笑い)」

 息子たちの成長も日々実感している。

「最近は私が仕事から帰ると息子たちが『ママ今日もありがとう。明日も頑張ってね』と言うようになった。小さい頃は『ママおつかれさま』なんて言わなかったけれど、大きくなった今はママが外で頑張っているなと感じて“ありがとう”も変わってきた。彼らを通して広がった世界が女優としての深みにもつながっています」

【プロフィール】
高岡早紀(たかおか・さき)/1972年12月3日生まれ。神奈川県藤沢市出身。1986年「第3回シンデレラ・コンテスト」で4600人の中から優勝し、芸能界入り。1994年『忠臣蔵外伝 四谷怪談』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。現在も、女優、歌手として精力的に活動。7インチレコード『Sunny』(4月 24日)発売予定。5月には、“Sunny Special Tour”を開催予定(東京、名古屋、関西)。

撮影/田中智久

※女性セブン2020年2月27日号

ジャンルで探す