『FNS歌謡祭』の裏で躍動、五木ひろしのBS歌番組の凄さ

FNS歌謡祭と同じくらいメンバーも構成も豪華だった(『日本の名曲 人生、歌がある』HPより)

 12月5日、フジテレビ『FNS歌謡祭』の裏で、ある大型歌番組が放送されていた。五木ひろしが司会を務めるBS朝日『日本の名曲 人生、歌がある 生放送!5時間スペシャル』だ。レギュラー番組は毎週水曜放送という日程もあって、2013年の番組開始以降、毎年『FNS歌謡祭』と対決する形になっている。

『人生、歌がある』の構成担当は、元フジテレビの疋田拓氏。1970年代、80年代の歌謡曲黄金時代に『夜のヒットスタジオ』でプロデューサーを務めた敏腕テレビマンだ。その繋がりからか、五木ひろしを軸に今回も千昌夫、細川たかし、鳥羽一郎、藤あや子など演歌勢を中心に大物歌手が続々と登場した。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で、『夜のヒットスタジオ』や『ザ・ベストテン』などの歌番組にも詳細に言及している芸能研究家の岡野誠氏が話す。

「FNS歌謡祭と同じくらい、メンバーも構成も豪華でした。番組序盤の『昭和のスーパーヒットメドレー』では坂本冬美、伍代夏子、藤あや子がキャンディーズの『春一番』、長山洋子神野美伽中森明菜の『少女A』、田原俊彦などが郷ひろみの『2億4千万の瞳』を歌うなど、それぞれの持ち味を生かした人選でした」

 思い返せば、他人の持ち歌を歌う形式は『夜ヒット』のオープニングメドレーと同じだ。番組恒例の『トリビュートタイム』では、今年逝去した西城秀樹さんを特集。山内惠介が『情熱の嵐』、角川博と鳥羽一郎が『ギャランドゥ』、田原俊彦は後ろに映る西城さんの写真を見て「ヒデキさ~ん!」と呼び掛け、『薔薇の鎖』を熱唱。最後は五木ひろしを中心に全員で『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』を歌い、西城さんの歌が全部で10曲披露された。

「こうして歌い継ぐことで、西城さんの功績を胸に刻むことができますし、地上波でもヒデキ特集をしたら間違いなく盛り上がると思います。この日に限らず、『人生、歌がある』の『トリビュートタイム』では故人の作詞家や作曲家の特集を度々している。亡くなってからも功績を称え、忘れさせないようにしている。とても大事なことです」

 企画に加え、この番組では毎回、出演歌手がフルコーラスで歌う。この日は『私の代表曲』というテーマで、千昌夫『星影のワルツ』、橋幸夫『霧氷』、渡辺真知子『唇よ、熱く君を語れ』、細川たかし『北酒場』(コーラスに五木ひろし、角川博)、鳥羽一郎『兄弟船』、小林幸子『もしかして』、藤あや子『こころ酒』、香西かおり『無言坂』などが歌われた。5時間に渡る生放送の中で、ある歌手の振る舞いが素晴らしかったと岡野氏は振り返る。

「角川博です。1976年のデビュー以来、紅白歌合戦に3度出場し、42年ものキャリアを持つ大御所なのに、自分の出番以外でも積極的に番組を盛り上げています。

 他の歌手が歌っている時も、常に大きな声を出す。鳥羽一郎に対しても、間奏中に『鳥羽!!』と叫んでいました。細川たかしの『北酒場』では、五木ひろしとともに後ろに陣取り、軽快にステップを踏みながらコーラスを担う。

 番組の最後、美空ひばりの『川の流れのように』を全員で歌唱した時、全員分のマイクがなく、角川の元には渡らなかった。それでも、大きく口を開け、カメラが近くに来れば、カメラ目線で美空ひばりの顔マネをしていた。

 昨年、『トリビュートタイム』で郷ひろみ特集の際には、本人の目の前で『マイレディー』をモノマネで歌い続けた。昔からモノマネが得意な歌手として有名でしたが、純粋な歌番組で突然始めたので、度肝を抜かれました」

 角川は、チームに1人必要なムードメーカーの役割を果たしている。

「大御所になればなるほど、キャリアを重ねれば重ねるほど、どうしても構えてしまいがちです。その中で、角川博は実に貴重な存在です。ある意味、バラエティ番組での“ガヤ芸人”の役割を果たしており、私は角川博を『演歌界のフジモン』だと思っています」

 大型歌番組の裏では他局も遠慮するのか、同じような歌番組を持ってこない。その中で、『人生、歌がある』は異彩を放っているようだ。

ジャンルで探す