芸能

「仕事はいつでも完璧」偲ぶ会で明かされた野際陽子さん秘話

中華料理店から出てきた羽田と真瀬

 9月末、東京・赤坂にある有名中華料理店に、羽田美智子(49才)、吉田羊、山本圭(77才)、矢田亜希子(38才)らの姿があった。今年6月に肺腺がんで亡くなった野際陽子さん(享年81)を偲ぶ会が開かれていた。

「2010~2015年に4シリーズにわたって放送され、野際さんも出演していた昼ドラ『花嫁のれん』(フジテレビ系)のメンバーやスタッフが総勢70人ほど集まりました」(テレビ局関係者)

 テーブルの上には、着物を着た野際さんの写真と、スタッフや共演者で撮った集合写真の2点が置かれている。

「羽田さん、目を赤く腫らしていました。『花嫁のれん』で野際さんの義理の娘役を演じた羽田さんは、野際さんのことを芸能界の母と呼んで慕っていましたから。ドラマの撮影中に、よく写真を仲よく撮っていましたね…」(ドラマ関係者)

 羽田は生前、野際さんの病を知る数人のうちの1人だったという。

「2014年のドラマ収録中に本人から知らされていたそうです。羽田さんは、親族と親しいスタッフだけで執り行われた四十九日法要にも参列していました。もともと野際さんのお嬢さんの真瀬樹里さん(42才)は、お別れの会を開くつもりはありませんでした。野際さんたっての希望で多くの人の時間を奪うようなことをしないでほしいと言っていたそうです。そういう時間があるなら、いい作品を作る時間にあててほしいと。それでも出演者のかたたちの強い思いもある。今回の偲ぶ会は真瀬さんの許可も得て、大がかりなものは避ける形で開かれたようです」(野際さんの知人)

 出演者たちが野際さんとの思い出を明かしていく。

「ドラマの撮影中、何度も羽田さんは病気のことをスタッフにも伝えてスケジュールを調整してもらうよう進言したそうです。でも、野際さんは断固拒否。女優ならば、どんな状況でも引き受けた仕事は完璧にこなすべきだと譲らなかったそうです。野際さんらしいですね。羽田さんはそのエピソードを話しながら嗚咽をもらしていました。野際さんを笑顔で送り出すつもりが、思い出すと涙が止まらなかったようです」(前出・ドラマ関係者)

 会に出席していた真瀬も感無量の様子だったという。

「野際さんがいかにたくさんの人に愛され、慕われていたかを実感し、みなさんに感謝しきりだったようです。そして、『母のような人に近づけるようにがんばる』と話したそうです」(前出・野際さんの知人)

 真瀬は黒柳徹子(84才)の激動の半生をドラマ化した『トットちゃん!』(テレビ朝日系)に野際さん役で出演する予定。「娘たち」は、これからも野際さんの背中を追っていく。

※女性セブン2017年10月26日号