離婚協議中の熊田曜子が語った「銀座ママ体験」「子育て事情」

「銀座進出」疑惑について語った熊田曜子

 かつて東京MXでレギュラー放送されていた銀座の話題を伝える情報番組『ギンザワン』が昨年YouTubeチャンネルに復活し話題を呼んでいる。10月14日に配信された動画では、先日“グラビア歴20年にして過去最高露出”になったという写真集『39』を発売したタレントの熊田曜子がゲスト出演。銀座評論家の堂満謙一氏や銀座のクラブ「Nanae」の唐沢菜々江ママらとともに、その結婚観や銀座の街の魅力について語った。

 この日出演した菜々江ママは20代の息子を持つシングルマザー。そんなママが「45歳になった時に再婚は諦めましたけど……やっぱり今でも結婚したい」と言うと、「まだチャンスはあるじゃないですか、何度でもトライすべきですよ」と熊田。

 司会の堂満氏が「ようやく人が戻りつつある銀座だけど、やっぱりもっと活気付かないと街が死んじゃう。曜子ちゃんが出勤したら、それはもう話題になって銀座も活気づくよ。曜子ちゃん、どうかなあ?」と問われると「堂満さんからの呼びかけでしたら、私はいつでも出勤しますので……」と答える熊田。

 これまでにも同YouTubeチャンネルでは「熊田曜子、初体験!銀座クラブママに大変身しちゃいました!!」という企画で、着物の着付けやヘアメイクに密着し「銀座ママ」の姿になっていく様子を公開して話題になっていた。

 もしや本気で銀座進出を目論んでいるのか? その真意を熊田本人に聞いた。

――本当に銀座の店に「いつでも出勤する」つもりでいるのでしょうか?

熊田曜子「はい、“企画”としてなら! ただごくふつーに銀座のお店に勤めたりするつもりはありません(笑) 今回のようなYouTubeチャンネル出演のためとか、何かしら番組や媒体の企画えあれば…」

――では企画ではなく実際に入店するといった展望はありませんか?

熊田「ないです~。私は生涯グラドルとしてやっていきたいですし、タレント業を全うしたいので、本格的な入店は考えられません。銀座での接客業は片手間でできることではないですから」

――菜々江ママが再婚したいって仰ってましたが、どう思われました?

熊田「何度でもしたいと思えることは良いことだと思いました。ママだったらいい人が見つかると思います。実は私の母もシングルマザーでしたから、女手一つで子供を育てる大変さや、その心細さも理解しているつもりです」

 その左手の薬指には指輪はなく、現在、離婚協議中の熊田。今は実母の手を借りながら3人の娘たちを育てているという。「今日もお母さんが面倒を見てくれているんですよ。本当に助かります」と笑った。

「銀座で働くことはない」と話した熊田だが、グラビアでも活躍する姿を見つつ、叶うなら銀座の店でも会ってみたいものだ。

ジャンルで探す