2人とホテルデート・海老蔵の本命は「濡れ髪で生足ホットパンツ」のB美さんか

B美さんと歩く海老蔵。前日は別の女性とデートしていた

 漆黒の闇のなかから、波音が押し寄せる。9月下旬、鳥取・米子の日本海の海岸の目前に立つ高級ホテル最上階の特別室。眼下の砂浜のライトアップも消え、海岸に平行に並び立つクロマツの行列も夜の闇に吸い込まれた22時半すぎ、特別室のバルコニーに体格のいい男性が姿を見せた。あられもない姿で潮風を全身に浴びるその男性は、歌舞伎役者の市川海老蔵(43)だった。

 まさか、部屋から漏れる灯りに照らされ、まるで歌舞伎の舞台上でスポットライトを浴びるかのように、周囲の深い暗闇のなかで、その肉体が異様に目立っていることに気が回らなかったのか。

そして、同じバルコニーのベンチに座り、彼の姿を眺めるのは、黒髪のボブカットが印象的なB美さん──。

 10月15日発売(金)の週刊ポストは、歌舞伎界を牽引する海老蔵が地方巡業の際に逢瀬を重ねた2人の女性の姿をキャッチした。

 1人は、9月23日の岡山「倉敷市民会館」での歌舞伎公演の直前の朝、ホテルの一室で一緒に過ごした黒髪ロングヘアーの20代の女性・A子さん。

 もう1人は、その岡山公演後、次の公演のために移動した先の鳥取・米子で、2晩にわたって海老蔵の宿泊するホテルの特別室を訪れたB美さん。

 どちらも海老蔵よりは10~20歳ほど若い女性たち。小林麻央さんとの死別から4年、もちろん独身の海老蔵が“婚活”を再び始めていても、なにも不思議なことはない。

 気になるのは、どちらが本命なのか──ということだろう。

 A子さんと海老蔵が密会したのは、倉敷でA子さんが宿泊するホテル。海老蔵は自身が泊まる高級旅館ではなく、A子さんのホテルの部屋まで自転車で向かった。

 一方で、B美さんは米子で同じ老舗ホテルに宿泊し、部屋は別々だったようだが、連夜にわたって海老蔵が泊まる展望露天風呂付きの特別室に招き入れられた。公演の合間のオフの1日は、海老蔵はB美さんと約4時間にわたってサイクリングデート。ショッピングモールや、日本海の風光明媚な砂浜、活きのいい海産物が集まる漁港近くの水産市場などを一緒に回って、堂々としたツーショットを披露した。

 9月24日の深夜には、海老蔵の特別室から自室に戻るB美さんの姿をキャッチ。濡れ髪に、ホットパンツ姿で生足を露出した姿は、海老蔵との距離の近さを物語っていた。

 市川團十郎襲名を控える歌舞伎界のプリンスの心を掴んだのはB美さんだったのか──3泊4日の成田屋の色恋劇場の詳細は、10月15日(金)発売の週刊ポストが詳報する。

ジャンルで探す