天海祐希主演『緊急取調室』最終回 キントリ解散まで待ったなし

テレビ朝日系ドラマ『緊急取調室』最終話のキーパーソン、国選弁護人・羽屋田空見子役の大塚寧々と主演の天海祐希 (C)テレビ朝日

 女優・天海祐希が主演するテレビ朝日系木曜ドラマ『緊急取調室』の最終話が、きょう16日に放送される(後9:00~10:04※拡大スペシャル)。天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げてきた本作。今シーズンの初回に告げられたとおり、キントリ解散まで待ったなしだ。

 解散を7日後に控えるキントリが最後に挑むのは、伝説の活動家・大國塔子(桃井かおり)が国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)の汚職疑惑糾弾を叫んで起こしたハイジャック事件に端を発する《政界をも巻き込む戦い》。公判で“ハイジャック事件の真相”を語り始めた塔子の急死、さらにキントリの菱本進(でんでん)が宮越の秘書に切りつた容疑で逮捕されてしまうという緊急事態を受け、今夜ついに、有希子らキントリの面々が反撃を開始。第8話の終わりに、「菱本を救うため、力になりたい」と現れた、塔子の国選弁護人・羽屋田空見子(大塚寧々)と手を組み、全真相を明らかにすべく立ち上がる。

 しかし、ハイジャック事件、塔子の急死、菱本逮捕――そのすべてのカギと、日本の命運を握る男・宮越を真正面から敵に回す戦いはまさに壮絶。さらに有希子は救世主であるはずの空見子に対しても“違和感”を覚える。空見子は本当に“救世主”なのか!? 誰が味方で、誰が敵なのか検討もつかない状況の中で、有希子たちは今シーズンの黒幕・宮越を“マル裸”にできるのか。

 宮越役の大谷は「本格的な悪役は日本では初めてで、最初はどうなるかなと思いましたが、そんな役をこのドラマで経験できて、非常にうれしく思っています」とコメント。一方、空見子役の大塚は「空見子の執念のような気持ちでずっといることはつらく悲しく、背中に重しを載せているような感覚でした」と、芝居中の率直な思いを告白している。大塚の意味深なコメントの真意も、最終回を見ればすっきりわかるはずだ。

 2014年1月期に放送された第1シーズンで産声をあげて以来、約8年にわたって鉄壁のチームワークを発揮してきたキントリの《最後の戦いのゆくえ》、そして、実にキントリらしく締めくくる《解散の瞬間》をお見逃しなく。

■最終話(9月16日放送)あらすじ

 真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の仲間たちには何も告げず、単独で国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)のもとを訪れた菱本進(でんでん)が、宮越の秘書・須田(尾上寛之)に切りつけた容疑で逮捕された。

 その直後、公判中に急死したハイジャック犯・大國塔子(桃井かおり)の国選弁護人・羽屋田空見子(大塚寧々)が、有希子の前に出現。菱本を救うため、力になりたいと申し出る。菱本は意味もなく人を傷つける人間ではない――そう信じる有希子らキントリ・メンバーに、空見子は「適任の弁護士を紹介したい」と切り出し、すぐさま所轄に留置されている菱本と面会。逮捕以来ずっと黙秘を続けていた菱本だが、なぜか空見子が担当弁護士になってくれるなら、事件について話すと言い…。

 まもなく空見子は、弁護を引き受けることを決意する。そんな中、宮越と須田の供述内容を精査したキントリ・メンバーたちは、菱本の無実を確信。捜査協力という名目で宮越をキントリで取り調べられないか、空見子に相談する。その一方で、有希子は救世主であるはずの空見子に対して抱いた“違和感”を、拭い去ることができず…。

 キントリにとって、空見子は本当に“救世主”なのか? そして…ハイジャック事件、塔子の急死、菱本逮捕――すべてのカギを握る宮越を、有希子らは“マル裸”にできるのか!? キントリ解散まであと7日。壮絶を極める“最後の戦い”が幕を開ける――。

ジャンルで探す