新型コロナ 最新の感染状況や対応は

「ボリュームアップしたお尻を見てほしい…」ボディメイクで脱“普通体型”した美人OL「メリハリのあるボディにしたい」

『ベストボディ・ジャパン(BBJ)』東京大会に出場した山本真由さん(写真/片山よしお)

 先ごろ、筋肉だけではない健康的なボディの美しさを競うコンテスト『ベストボディ・ジャパン(BBJ) 2021関東大会』が開催された。1年前からトレーニングをスタートし、今回初めてコンテストに挑む会社員の山本真由さん(25)は、2ヵ月で体重4キロ、体脂肪率6%を落とした自慢の身体を披露した。

◆テレビ番組で観た“カッコいい女性”たちの姿に憧れてトレーニングを開始

――トレーニングをはじめたきっかけを教えてください。

【山本真由さん】 トレーニングで筋肉をつけながら身体を絞ってコンテストに出場する女性たちにクローズアップしたテレビ番組を観たことがきっかけです。鍛え上げられた肉体や大会出場に挑戦する姿勢がカッコいいなと思い、自分もやってみたくなりました。

――テレビ番組を観る以前は、自分の身体に満足していなかったのでしょうか?

【山本真由さん】 それまでは、特に太っていたわけでもなく、痩せていたわけでもなくごく普通の体型でしたが、特に不満があったわけでもありません。テレビ番組で観た“カッコいい女性”たちの姿に憧れて、1年前からトレーニングをスタートしました。最初の2ヵ月は食事制限で体重4キロ、体脂肪率6%落としました。そこから筋肉をつけるトレーニングで増量してボディメイクに入りました。

――減量はつらくなかったですか?

【山本真由さん】 トレーニングではなく食事制限で落としました。確かに食欲を抑えるのは大変でしたが、食べることをあまり考えないようにするために、入浴やウォーキングしたり、Instagramで友人の引き締まったボディを見たりして、気持ちを高めて乗り切りました。トレーニングを始めてからは、自分の身体が目に見えて変わっていくことが楽しくて続けられています。

――ボディメイクがご自身にとってプラスになっていると感じることはありますか?

【山本真由さん】 以前より丁寧な暮らしができるようになりました。生活が規則正しくなり、身体が健康になると暮らしがよくなるのを感じています。メンタル面でも強くなっている気がします。きつい筋トレに日々耐えているのもあり、仕事でトラブルがあってもちょっとくらいのことでは動じなくなりました(笑)。

◆お尻をボリュームアップ「ウエストをきゅっと絞って、メリハリのあるボディにしたい」

――ボディメイクをしてから周囲の反応は変わりました?

【山本真由さん】 「カッコいいね。私もそうなりたい」と言ってくれる女性が増えています。そういう声をかけられるたびにモチベーション上がりますね。でも、男性からモテるようになったとかはなく、その面では成長していません(笑)。

――自慢のパーツを教えてください。

【山本真由さん】 お尻です。以前よりボリュームアップしているので、お尻を見てもらいたいです。コンプレックスではないのですが、もうちょっと肩の筋肉をつけてウエストをきゅっと絞って、メリハリのある身体にしたいです。

――コンテストでステージに立つことにプレッシャーはありませんか?

【山本真由さん】 もともとボディメイクをはじめようと思ったテレビ番組でコンテストを知っていたので、そのステージも憧れの場でした。コンテストは家族や友人、職場の人たちも応援してくれていて、今回が初めての出場ですがずっと楽しみにしていました。

――ボディメイクを続けていくうえでの目標は?

【山本真由さん】 トレーニングを始めてから『BBJ』出場を目標にがんばってきました。また次のコンテストが目標になるかもしれませんが、コンテスト以外の目標も探しているところです。トレーニングは健康にも美容にもいいので、ずっと続けていきたいと思っています。

(文/武井保之)

ジャンルで探す