川村壱馬、和田雅成、氷川きよし、羽生結弦…「写真集」ランキングTOP5を男性作品が独占

7位にランクインした『羽生結弦 2019-2020』(報知新聞社)より中面カット

 7/6付「オリコン週間BOOKランキング」ジャンル別「写真集」(集計期間6月22日〜6月28日)では、1位、2位を独占したLDH JAPAN所属のダンス&ボーカルグループ・THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)のボーカリスト・川村壱馬(カワムラ・カズマ)の初フォトエッセイ『SINCERE』(特別限定版/通常版)をはじめ、男性作品がTOP5を独占し、TOP10中7作ランクインした。

 3位には、『弱虫ペダル』『刀剣乱舞』『おそ松さん』などに出演し、舞台を中心に活躍中の俳優・和田雅成の1stフォトエッセイ『邂逅』が、4位には、ポップスアルバムのリリースやインスタグラムで、これまでとは違った一面を発信し、注目を集める『氷川きよし写真集 kii-natural』が初登場。

 このほかにも、2014年ソチ五輪・2018年平昌五輪2大会連続オリンピック金メダリスト・羽生結弦の2019-20年の戦いを、各新聞社がまとめた『YUZU’LL BE BACK II 羽生結弦写真集 2019~2020』(スポーツニッポン新聞社/5位)、『羽生結弦 2019-2020』(報知新聞社/7位)に入った。

 また、10位には今年1月期のドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で超ドS医師を好演し、その後も同作の特別編が放送されるなど人気を継続した佐藤健の『[佐藤健 in 半分、青い。]PHOTO BOOK』(東京ニュース通信社)がランクインした。

 リリース日の巡り合わせなどもあるが、これまで同ランキングでは女性作品が数多く上位にランクインしており、ここまで男性作品が占めるのは極めて異例。年間ランキングで、これらの作品がどこまで上位に食い込むか期待したい。

ジャンルで探す