山口真帆、卒業公演は笑顔でスタート「一生懸命笑顔になってもらえるように」

卒業公演を笑顔でスタートさせた山口真帆 (C)AKS

 新潟を拠点に活動するアイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市内にあるNGT48劇場でメンバーの菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)とともに『「太陽は何度でも」公演~菅原りこ長谷川玲奈山口真帆 卒業公演~』に出演した。

 大「まほほん」コールの中、山口は笑顔で登場。3人は自己紹介を行う、ファンは割れんばかりの声援を送った。山口は「1ヶ月ぶりの公演ということですごく緊張」としながらも「みなさんのお顔が見れてうれしい限り。3人でやる最後の公演なので、一生懸命、みなさんにも笑顔になってもらえるように頑張ります」と意気込んだ。

 菅原は「みなさんと一緒に幸せな一時を過ごせたらいいなと思います」と話し、長谷川は「きょうが最後なんですけど、自分らしく最後まで頑張りたいと思います」と力を込めた。

 山口は4月21日に行われた『逆上がり』千秋楽公演で同グループからの卒業を発表。涙を浮かべながら「今の私にNGT48のためにできることは、卒業しかありません」と無念の思いを伝えていた。山口に先立ち、長谷川と菅原も卒業を発表しており、この日に3人だけの卒業公演を行う。

 NGT48を巡っては、山口が昨年12月、自宅に押しかけた男性2人から暴行を受けたことやメンバーの関与、運営側の不対応を1月8日夜~9日早朝にかけて動画配信やSNSで告白。1月10日に新潟市内のNGT48劇場で行われた3周年記念公演では、被害者の山口が騒動を謝罪して波紋を広げた。

 その後、NGT48を運営するAKSは第三者委員会を設置して調査を行ったが、その報告会中に山口本人がツイッターで否定するなど、騒動に収束の見通しが立っていないなか、今月11日、「NGT48は現在のチーム制度を取りやめ、新たに、NGT48 1期生と研究生として再スタートを切ることに致しました」とチーム解散を報告していた。

ジャンルで探す