NMB48太田夢莉、ヒロイン役でドラマ初出演『ミナミの帝王ZERO』

BOYS AND MEN・小林豊主演ドラマ『ミナミの帝王ZERO』(4月25日スタート)でヒロインを演じるNMB48・太田夢莉(C)カンテレ

 BOYS AND MEN・小林豊が主演するカンテレのドラマ『ミナミの帝王ZERO』(4月25日スタート、毎週木曜 深0:25~0:55※関西ローカル)のヒロイン役で、NMB48の太田夢莉がドラマ初出演を果たす。楊原京子・金児憲史夫妻が、銀次郎の両親役で共演することも発表された。

 同ドラマは、大阪・ミナミを舞台にした漫画『ミナミの帝王』(原作:天王寺大、萬画:郷力也/日本文芸社『週刊漫画ゴラク』連載中)の主人公「金貸し萬田銀次郎」が誕生するまでの物語。

 借金はどんな手を使ってでも取り立てることから貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがなく、「ミナミの鬼」と恐れられている、萬田銀次郎。このドラマでは銀次郎がどのような生い立ちで、なぜ「ミナミの鬼」とまで呼ばれるほどの金貸しになったのかが描かれる。『ミナミの帝王』の原点となるドラマ。

 銀次郎が幼い頃、父親(金児憲史)は悪徳商事の社長・阿久都天勝(中村育二)の罠にはまり、自殺に追い込まれ一家は転落。病床に伏した母親(楊原京子)の入院費用を稼ぐため、銀次郎は当たり屋をしていた。銀次郎が飛び込んだ高級車に乗っていた菜穂子(太田夢莉)と運命的な出会いをし、お互いに好意を持つが、のちに彼女が敵の愛娘だと知り、銀次郎は復讐と恋愛の間で葛藤する。

 太田は、ドラマ初出演で、許されぬ恋愛に苦悩する難しい役どころを演じることに。「清楚なイメージの菜穂子は自分とは逆のタイプなので、女の子らしくしなきゃとスイッチを入れて演じています。初めてのドラマ出演でどう演じたらいいかわからない中、1話から涙を流す難しいシーンがあって焦りました。原作のキャラに寄せつつ、ドラマでは変えたほうがいい部分もあるので、難しさを感じています」と打ち明ける。

 それでも「銀次郎さん(小林豊)も何回もリハーサルにつきあっていただいたりと、あたたかい環境に恵まれているので、回を重ねるごとに成長したいなと思います」と意気込んだ。

 主演の小林は、初共演の太田に対し「すごく昔から知っていたかのような感覚ですぐに仲良くなれました。ロマンスを演じる照れもお互いになく、やりやすいです」と評価する。

 一方、「芝居で照れてしまった」と話すのは、銀次郎の母親役で、夫・金児憲史と夫婦役で共演した楊原京子。夫婦役での共演は今回が初めてという楊原と金児。
楊原は「実際の夫婦が夫婦役をすると、恥ずかしくて逆に難しいんです。全くバックボーンを知らない方と演じるほうがずっとやりやすい。夫と目を合わせて去っていくシーンがあったんですが、私が照れちゃって」と漏らす。夫の金児は「妻と夫婦の役で出られることってまずないでしょう? いろんな役柄に挑戦したかったので、夫婦役ができてよかったと思っています。実際の夫婦だからこそ、“目線をあわさなくても感じられる絆”というものを出せたんじゃないかと思う」と自信を見せた。

 家庭で芝居の話はしないという2人だが、撮影にあたって広島出身の金児が、関西出身の楊原に方言指導を願い出たという。楊原は「(金児が)最初せりふを広島なまりで言っていたので、おかしくてしょうがなかった。指導してもなかなかとれなくて」と楽しげに語り、仲睦まじい様子を垣間見せていた。

 最後に、小林は「バトルシーンや恋愛シーンなどでの豪華キャストとの絡みや、銀次郎のさまざまな表情を見てほしい。ラブストーリーの結末はどうなるのか、復讐は果たせるのか、10話通して楽しんでいただけると思います」と力強くアピールしていた。

 さらに、銀次郎の復讐の後ろ盾となるサラ金王をトミーズ雅、銀次郎の相棒役に清水天規(祭nine.)、ダンス講師役にはるな愛が出演。矢野兵動・矢野勝也、ミサイルマン・西代洋、女と男・市川義一、青野敏行、前田耕陽らが脇を固める。

ジャンルで探す