実写映画『スパイダーマン』最新作、日本版予告公開 意味深なチラシも登場

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年夏公開)日本版ティザーポスター。左が表面、右が裏面

 アベンジャーズを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界に参戦したスパイダーマンの実写映画最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(ジョン・ワッツ監督、全米公開は7月5日)の日本版予告とポスター、さらにティザーチラシが完成した。

 前作『スパイダーマン:ホームカミング』では、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)が、ヒーローの師匠とも言うべきアイアンマンに導かれ、真のヒーローへと成長する過程が描かれた。本作は“ホーム”であるニューヨークから、舞台はヨーロッパへ。ピーターは、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちと夏休み旅行へ出かける。しかし、旅行中、ピーターの前に突如現れたのは、S.H.I.E.L.D.の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)。ニックが現れた理由とは?そしてピーターと対峙する新たな敵とは――?

 日本版ティザーチラシは、物語を暗示するヒントらしきものが仕込まれており、表面は海外版のポスターと同様、さまざまな国のステッカーがスパイダーマンの顔に貼られているデザイン。しかし、裏面に描かれているのは、「夏休みが、ニック・フューリーに支配される。」という文字で埋め尽くされたスパイダーマンの顔。

 予告映像にも登場した、マーベルファンにはおなじみのキャラクター、ニック・フューリーは、世界最高の平和維持諜報機関S.H.I.E.L.D.の長官だ。そんな彼がスパイダーマンとどう関わっていくのか。何かのヒントかもしれないチラシは、この週末から各劇場(※一部劇場を除く)で入手できる。

ジャンルで探す