北川悦吏子氏、佐藤健の「わかりみ」に興奮「ちゃんと使われてるじゃん」

北川悦吏子氏 (C)ORICON NewS inc.

 脚本家の北川悦吏子氏が5日、東京・渋谷の東京カルチャーカルチャーで行われた『三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2018」』選考発表会に特別ゲストとして登場。自身が脚本を手がけた、NHK・連続テレビ小説『半分、青い。』(4月2日~9月29日、全156回)での秘話や、今年の新語にランクインされた言葉にまつわるエピソードトークで盛り上げた。

 北川氏は、3位の「わかりみ」に注目して「この1年半(朝ドラの脚本で)友達もいない状態で、ずっとネットを見ながら、新しい言葉を探していたら『わかりみ』を発見して、これはすごいと思ったんです。『わかる』という主体的なものを名詞にすることで、遠くに置く間隔がありますよね」と力説。「『半分、青い。』で佐藤健くんとLINEをしていたら『わかりみ』って返ってきて、すげーちゃんと使われてるじゃん。しかも佐藤健にって思いました」とハイテンションで話した。

 朝ドラ中は言葉に繊細になったようで「毎日いろんなことで、とにかく電話が鳴り続ける。ものを書く人は知識があるべきだと思っている人が多いようで…。私はストーリーを作る力があると思っているので、脚本家をやっているのですが」と率直な思いを吐露。1995年に放送されたドラマ『愛していると言ってくれ』では、自らも“新語”を生み出した可能性があるといい「岡田浩暉くんに対して言う『チャラ男』っていう言葉は、たぶん、自分が作ったという自負が」と控え目にアピールしていた。

 「今年の新語」は一般公募などで寄せられた候補の中から辞書編纂(さん)のエキスパートたちが選定。選ばれるのは、あくまで「今年広まったと感じられる新語」で、必ずしも「今年生まれた言葉」とは限らない。辞書を編む専門家が選考委員となり、公平・公正な観点から「今年の新語2018」ベスト10を選定し、国語辞典としての言葉の解説(語釈)を付する。

 発表会にはそのほか、小野正弘氏、飯間浩明氏、西村まさゆき氏らが出席した。

■『三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2018」』ベスト10
大賞:ばえる(映える)
2位:モヤる
3位:わかりみ
4位:尊い
5位:VTuber
6位:肉肉しい
7位:マイクロプラスチック
8位:寄せる
9位:スーパー台風
10位:ブラックアウト

選外:半端ないって、そだねー

ジャンルで探す