SKE48『リクアワ』1位は「ここで一発」 須田亜香里&松村香織が感涙

『SKE48 リクエストアワー』1位はだ~す~(須田亜香里)&つ~ま~(松村香織)「ここで一発」(C)AKS

 アイドルグループ・SKE48が15・16日の両日、名古屋国際会議場センチュリーホールで単独では3年ぶりとなる楽曲版総選挙イベント『SKE48 リクエストアワー セットリストベスト100 2018』(計4公演)を開催し、1位には15日夜公演でグループからの卒業を発表した松村香織と、同期の須田亜香里のデュエット曲「ここで一発」が輝いた。

 SKE48の劇場公演曲、シングル・アルバム収録曲など全374曲を対象に、ファン投票によって選ばれた楽曲をカウントダウン形式で発表・歌唱するイベント。単独では2015年11月以来、3年ぶりの開催となった。

 16日昼公演は49位にランクインした松村のソロデビュー曲「マツムラブ!」からスタート。おなじみの新聞紙衣装への生着替えを披露してステージに登場した松村は、ファンにサイン入りの記念品をプレゼント。最後は割れんばかりの“かおたん”コールに感極まって涙のパフォーマンスに。MCでは「辞めないで~って言われるとうれしい。一応(卒業は)本当だけど、予定は未定なんで! いくらでも延ばせる」とらしさを発揮し、笑いを誘った。

 最終公演では、3位に松井珠理奈の初ソロ曲「赤いピンヒールとプロフェッサー」がランクインし、ここまでステージに姿を見せていなかった松井が登場。6月16日の『第10回AKB48世界選抜総選挙』で悲願の1位に輝いた後、体調不良で長期休養し、今月6日のSKE48劇場公演で復帰宣言した松井は、真っ赤なドレスとヒールでキレキレのパフォーマンスで魅了した。

 「ただいま~!」とファンにあいさつすると、「やっと“赤ピン”が踊れるようになりました。緊張してたけど楽しくなって。やっぱりSKE48ってライブが一番だなと思いました」と満面の笑みを浮かべた。

 2位には8期生の楽曲「夢の階段を上れ!」が食い込み、次世代メンバーが大健闘。そして栄えある1位は、だ~す~&つ~ま~(須田&松村)の「ここで一発」が勝ち取る結果となった。

 松村は「だ~す~に出会えて本当にうれしかったです」と泣きながら須田に気持ちを伝え、2人で泣きながらパフォーマンス。最後は固く抱き合い、松村は「この曲は今の私たちにぴったりの曲! 卒業を発表した次の日に1位を取れるとは思えなくて本当に幸せ」とコメントすると、須田は「SKE48に入って1位って取ったことなくて、大事な仲間と力を合わせたら1番にも手が届くんだな、支えてくれる人がいたらこうやって届くものもあるんだなっていうのを実感しました」と喜びを語った。

 アンコールでは、SKE48の最新シングル「いきなりパンチライン」を披露。松井が総選挙前のコンサートで同曲を初披露したとき以来となるセンター復帰を果たすと「メンバーからもファンの皆さんからも、いつまでも待ってるよって言われたことがうれしかった。休んでいる間もSKE48からは離れられなかったので、これからも頑張っていきたいと思います」とあいさつした。

 同イベントではほかに、9期生オーディション開催をサプライズ発表。研究生の昇格発表も行われ、石黑友月、大谷悠妃がチームS、中野愛理がチームKII、深井ねがい、西満里奈、平田詩奈がチームEに配属された。

■『SKE48 リクエストアワー セットリストベスト100 2018』TOP25
1位 ここで一発
2位 夢の階段を上れ!
3位 赤いピンヒールとプロフェッサー
4位 奇跡の流星群
5位 オルフェス
6位 窓際LOVER
7位 制服を着た名探偵
8位 誰にも言わないで
9位 クロス
10位 触らぬロマンス
11位 あの先の未来まで
12位 君について
13位 12月のカンガルー
14位 思い出以上
15位 意外にマンゴー
16位 花の香りのシンフォニー
17位 ハートの独占権
18位 Becauseどっちつかず
19位 前のめり
20位 誰かの耳
21位 夕立の前
22位 例のポテトチップス
23位 ハングリーライオン
24位 いい人いい人詐欺
25位 禁じられた2人

ジャンルで探す