芸能

『第59回レコード大賞』各賞決定 大賞候補に乃木坂46&欅坂46ら

年末恒例『第59回日本レコード大賞』各賞発表 (C)TBS

 年末恒例の『第59回日本レコード大賞』(主催:日本作曲家協会)の各賞が16日、発表された。優秀作品賞10曲の中から大賞が、新人賞4組の中から最優秀新人賞が12月30日に決定する。

 大賞候補となる優秀作品賞を受賞したのは、乃木坂46「インフルエンサー」、三浦大知「EXCITE」、氷川きよし「男の絶唱」、三山ひろし「男の流儀」、欅坂46「風に吹かれても」、AI「キラキラ feat.カンナ」、西野カナ「手をつなぐ理由」、AKB48「願いごとの持ち腐れ」、AAA「LIFE」、SEKAI NO OWARIの「RAIN」の10作品。2012年2月デビューの乃木坂46、16年4月デビューの欅坂46の“坂道シリーズ”2組は初受賞で、初の大賞候補に。西野カナが大賞を受賞すれば2年連続での栄冠となる。

 最優秀新人賞の候補となる新人賞は、ハロー!プロジェクトの9人組で2月にメジャーデビューしたつばきファクトリー、1月に歌手デビューした中澤卓也、宮崎出身のシンガー・ソングライターNOBU、男性5人組ボーカルユニット・UNIONEの4組が受賞した。

 特別賞は、生前5000曲以上の詞を手がけ、「UFO」「勝手にしやがれ」「津軽海峡・冬景色」など数え切れないほどのヒット曲を残して2007年8月に他界した稀代の作詞家・阿久悠さん、来年9月16日に引退することを表明している安室奈美恵、「ダンシング・ヒーロー」を歌う荻野目洋子と、そのコラボレーションダンスで話題を呼んだ大阪府立登美丘高校ダンス部、デビュー20 周年イヤーを迎えている人気デュオ・ゆず、そして、来年歌手デビュー50周年を迎える和田アキ子が受賞した。

 「日本レコード大賞」および「最優秀新人賞」の発表、各賞授賞式の模様は12月30日、東京・新国立劇場からTBS系で午後5時30分より生放送(※一部地域では放送開始時間が異なる)。

 各賞受賞者&曲は下記のとおり。

【優秀作品賞】
「インフルエンサー」乃木坂46
「EXCITE」三浦大知
「男の絶唱」氷川きよし
「男の流儀」三山ひろし
「風に吹かれても」欅坂46
「キラキラ feat.カンナ」AI
「手をつなぐ理由」西野カナ
「願いごとの持ち腐れ」AKB48
「LIFE」AAA
「RAIN」SEKAI NO OWARI
(曲名50音順)

【新人賞】
つばきファクトリー
中澤卓也
NOBU
UNIONE
(アーティスト名50音順)

【特別賞】
阿久悠 
安室奈美恵
「ダンシング・ヒーロー」 荻野目洋子/大阪府立登美丘高校ダンス部
ゆず
和田アキ子

【作曲賞】
杉山勝彦「ずっと、ふたりで」家入レオなど

【作詩賞】
徳永英明 「バトン」
(※「英」の草冠は四画の旧字)

【編曲賞】
中田ヤスタカ 「良すた」「原宿いやほい」きゃりーぱみゅぱみゅなど

【最優秀アルバム賞】
「THE KIDS」Suchmos

【優秀アルバム賞】
「がらくた」桑田佳祐
「デラシネ deracine」クミコ with 風街レビュー
「ナイトライダーズ・ブルース」高田漣
「ライヴ・イン・モントリオール」上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ
(アルバム名50音順)

【企画賞】
「I'm HOME」三浦祐太朗
「お義父さん」はなわ
「G.S. meets The KanLeKeeZ」The KanLeKeeZ
「SEIKOJAZZ」松田聖子
「美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック」
「船村徹 トリビュートアルバム~永遠の船村メロディー~」五木ひろし
(タイトル名50音順)

【最優秀歌唱賞】
天童よしみ

【日本作曲家協会選奨】
杜このみ

【特別顕彰】
大月みやこ

【功労賞】
伊藤雪彦
小西良太郎
鈴木淳
筒美京平
もず唱平
湯川れい子
(50音順)

【特別功労賞】
小川寛興
かまやつひろし
北原じゅん
曽根幸明
平尾昌晃
船村徹
ペギー葉山
(50音順)