芸能

東山紀之、体型維持の秘けつは“早朝腹筋” 北大路欣也に聞かれ「起きてすぐにやる」

東山紀之に体型維持の秘けつを聞いた北大路欣也 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の東山紀之が14日、東京・六本木のSUMMER STATION LIVE アリーナで主演ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)の夏祭りイベントに参加。変わらぬスタイルの秘けつは“早朝腹筋”であることを明かした。

 撮影では7人で集まることがほとんどないそうで、珍しく集合したイベントでは互いに思った疑問をぶつけることに。北大路欣也は東山に「素晴らしい体型を維持している。なかなか大変だと思いますが、朝起きて、どういう状態から1日が始まるのか」と質問。東山は「起きて、すぐに腹筋をやる。それで目を覚ます。そうするとパッと目が覚める。撮影が終わったら、だいたい走って帰る」と変わらぬスタイルの秘けつを明かすと、北大路は「本当に見事だと思いますよ」と脱帽していた。

 また、出演陣も東山の体型について次々に口にし、高嶋政宏は「腹筋とお尻がすごい。パルテノン神殿の彫像かと思いましたよ」と感嘆。吉田鋼太郎も「靴下を履く時、こうやって履くんです」とまるでバレリーナのように足を高く上げながら履くことを暴露して、実際に足を上げながら履くポーズを披露すると会場は大歓声。東山は「脱ぐ時もこうですよ」と満面の笑みだった。

 登場時もキャーという声援を浴びて「久しぶりに黄色い声援を浴びた。まだまだ行けるなと思いました」とニッコリ。「こうなったら7人で『ミュージックステーション』に出たい。曲は『刑事7人』の曲で」とボケて、塚本高史から「(音が)ダダダンしかないじゃないですか」とツッコまれていた。

 同作は、事件解決に向けて有能な精鋭7人の刑事の活躍を描くシリーズの第3弾。今回は、警視庁で政治的手腕を発揮する片桐正敏(吉田)が室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”=「第11方面本部準備室」が発足。「警視庁機動捜査隊」の刑事・天樹悠(東山)をはじめ、「警視庁捜査一課12係」に所属する沙村康介(高嶋)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本)、「未来犯罪予測センター」の山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路)が再集結した。イベントには片岡、倉科も参加した。