アニメ『彼女、お借りします』第4期、2025年放送決定! 原作者描き下ろし制作決定ビジュアル、特報解禁

テレビアニメ『彼女、お借りします』原作・宮島礼吏描き下ろし第4期制作決定特報ビジュアル

(C)宮島礼吏/講談社

 テレビアニメ『彼女、お借りします』第4期の制作が決定、2025年に放送されることが明らかとなった。併せて、原作・宮島礼吏描き下ろしの第4期制作決定ビジュアル、原作イラストを使用した特報が解禁された。

 本作は、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の宮島礼吏による同名ラブコメ漫画を原作としたテレビアニメ。2020年7月よりアニメ第1期が放送されるとヒロインたちのかわいささが瞬く間に話題となり、現在第3期まで放送されている人気シリーズだ。原作漫画は世界累計発行部数1300万部を突破している

 そんな『彼女、お借りします』の原作漫画が、本日7月12日に連載7周年に。その記念に併せて、テレビアニメ第4期の制作決定が発表された。

 さらに、原作・宮島礼吏先生描き下ろしの「第4期制作決定ビジュアル」を公開。
今回のイラストでは、第4期ストーリーにちなんだ服装の和也と千鶴が手をつないで並んでおり、千鶴は手で第4期の「4」のポーズを取っている。2人の周囲には物語を彩ってきたキャラクターたちが描かれており、にぎやかなビジュアルに仕上がっている。

 また、原作イラストを使用した「第4期制作決定特報」も公開。本映像にて第4期がハワイアンズ編であることも明らかとなった。

 映像ではテレビアニメ第3期で描かれた映画制作の印象的なシーンを振り返り、続いて「そして物語の舞台は…」というテロップとともにBGMがアップテンポな曲に変わると、ハワイアンズ編の制作が決定したことが告げられ、水着姿の千鶴、麻美、瑠夏が鮮やかに映し出される。原作漫画の印象的なセリフやコマが次々と展開され、アニメ第4期で描かれるであろうさまざまなシーンに期待が高まる映像に。最後は、「ダメ…だもん お客さんを…“好き”なんて…」という、モノローグテキストで終わっており、千鶴と和也の関係性がどうなっていくのか、ますます目が離せなくなる締めくくりとなっている。

 テレビアニメ『彼女、お借りします』第4期は2025年放送。

ジャンルで探す