浜辺美波、赤楚衛二、佐野勇斗ら共演『六人の嘘つきな大学生』特報解禁 六人の優秀で善良な就活生に起きた大事件とは?

映画『六人の嘘つきな大学生』ティザービジュアル(表)

(C)2024「六人の嘘つきな大学生」製作委員会

 浜辺美波、赤楚衛二、佐野勇斗らが共演する映画『六人の嘘つきな大学生』より、ティザービジュアルと特報が解禁された。

 原作は、2021年に刊行されるやいなや「2022年本屋大賞」ノミネートをはじめさまざまなランキングを席巻、現在までに累計50万部を突破している浅倉秋成による同名の大ヒット小説(角川文庫刊)。

 就職活動を舞台に六人の登場人物の裏の顔が巧みに暴かれていく“密室サスペンス”要素と、そこで明らかになった六人の「嘘」と「罪」の真相が、クライマックスで次々と伏線回収される“青春ミステリ”要素を圧倒的なクオリティで掛け合わせ、人気を博している小説を、佐藤祐市がメガホンを取り、脚本を矢島弘一が務め実写映画化。

 本作の主人公・嶌衣織役に浜辺美波、波多野祥吾に赤楚衛二、九賀蒼太に佐野勇斗。そして、矢代つばさで山下美月、森久保公彦で倉悠貴、袴田亮で西垣匠が出演する。

 今回解禁となったのは、リクルートスーツを身にまとった六人の表と裏の表情が印象的なティザービジュアル。イスに座り、微笑む表の顔に対し、何を考えているのかわからない、無表情な裏の顔。一体、最終面接で何が起きたのか。六人の真の姿とは? そして「あの就活で嘘に殺された」という衝撃的なコピーの意味とは? 想像をかき立てるポスターに仕上がりとなっている。

 特報映像は、最終面接前1ヵ月間の六人が友情を育む、まさに青春! なシーンからスタート。一生の友人ができたと思っていたのに、最終面接当日、謎の告発文によって6人の秘密が暴かれていく…。「詐欺師」「犯罪者」「人殺し」など息をのんでしまう衝撃的な暴露の連続に、「何が本当で、何が嘘?」なのか目が離せない。

 ひと足早く特報映像を観た主演の浜辺美波は、「就活で出会い、共に戦い、同志となった六人の仲睦まじい姿が一変、謎の告発文により次々と素顔が暴かれ、何が本当で何が嘘か、どんどん疑心暗鬼になっていく衝撃の30秒となっています。映画を観る前と後では、私たち6人の印象が180度変わります。犯人は私かも…!? しれません」とコメントを寄せている。

 映画『六人の嘘つきな大学生』は、11月22日全国公開。

ジャンルで探す