劇場版『アンパンマン』最新作、上戸彩演じる“森の妖精・ルルン”の場面写真&本編映像解禁

映画『それいけ!アンパンマン ばいきんまんとえほんのルルン』場面写真

(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (C)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2024

 アニメ映画『それいけ!アンパンマン ばいきんまんとえほんのルルン』より、ばいきんまんの大活躍を予感させる本編映像が解禁された。

 劇場版最新作の本作は、森の妖精ルルンがアンパンマン、ばいきんまんと一緒に力を合わせて〈絵本の世界〉を守る大冒険に出かける物語。新キャラクターであるルルン役で上戸彩、ルルンが守る大切な森をめちゃくちゃにしようと大暴れする、すいとるゾウ役として岡村隆史がアンパンマンファミリーに仲間入りした。

 物語は、ルルンが〈絵本の世界〉の森をめちゃくちゃにしようとする、すいとるゾウ(CV:岡村隆史)をやっつけてほしいと、ばいきんまんに助けを求めることから動き出す。

 今回解禁となった映像は、ルルンが〈絵本の世界〉の森に住む住人たちに、ばいきんまんを紹介するシーン。普段はアンパンマンを倒すためにいたずらをすることが多いばいきんまんだが、〈絵本の世界〉では森がピンチの時に助けに来てくれる愛と勇気の戦士として伝説の存在となっていることが分かり、ばいきんまんの活躍を期待させる映像となっている。

 劇中では怖がりで勇気の出せない性格のルルンがアンパンマン、ばいきんまんと出会い、諦めずに一緒に頑張る中で成長していく様子が描かれており、上戸が感情豊かに声を吹き込んでいる。

 ルルンを演じるにあたり、アフレコ前にしっかりとイメージを作り上げていたという上戸に対して行った演出は「とにかく楽しんで演じてください」というシンプルなものだと明かすのは、山田知明音響監督。「ルルンは最後まで諦めない強い心を持つキャラクターだと思いますが、それを上戸さんが見事に演じてくださいました! 子役からやられているだけあってこちらの要望に対してすぐに対応できるところが流石だなと思いました」と山田音響監督も上戸の表現力を絶賛する。

 アニメ映画『それいけ!アンパンマン ばいきんまんとえほんのルルン』は、6月28日より全国公開。

ジャンルで探す