内田雄馬、和泉風花も参戦! 劇場アニメ『数分間のエールを』6.14公開 フレデリックによる主題歌入り本予告解禁

劇場アニメーション『数分間のエールを』メインビジュアル

(C)「数分間のエールを」製作委員会

 劇場アニメーション『数分間のエールを』の公開日が6月14日に決定。併せてティザーメインビジュアル、本予告が解禁された。主題歌はフレデリックが本作のために書き下ろした新曲「CYAN」に。また、追加キャストとして内田雄馬、和泉風花の出演も決まった。

 本作はヨルシカのミュージックビデオやテレビアニメ『可愛いだけじゃない式守さん』のED映像を手掛けるなど、注目を集める映像クリエイターチーム・Hurray!が映像統括を担当し、『ラブライブ!』『宇宙よりも遠い場所』の花田十輝が脚本を担当する新作劇場アニメーション。

 ミュージックビデオの制作に没頭する男子高校生・朝屋彼方は、ある日目にしたストリートライブをきっかけに、その曲のMVを作りたいと強く思う。しかし、歌っていたのは音楽の道を諦めた女性教師・織重夕だった…。

 そんな二人の出会いを軸にモノづくりの楽しさや苦しみをみずみずしく描いた本作。

 朝屋彼方役を花江夏樹、織重夕役を伊瀬茉莉也が担当。さらに、織重夕の歌唱はSpotifyが活躍を期待する次世代アーティスト「RADAR:Early Noise 2022」にも選ばれたシンガーソングライターの菅原圭、楽曲はボカロPとしても活躍するVIVIが務める。

 メインビジュアルは、宙を舞うメモ用紙や音楽機材と共にMV制作に打ち込む朝屋彼方と、憂い気にギターを持つ織重夕がそれぞれ創作に対する姿が描かれている。背景色は主題歌楽曲名にもなっている「シアン」カラーが使用され、どのような作品世界になるのか期待がふくらむビジュアルとなっている。

 また、追加キャストとして、主人公・朝屋彼方のクラスメイト2人のキャストが解禁。彼方の親友、外崎大輔役には内田雄馬、彼方のクラスメイトで、軽音部に所属する中川萠美役には和泉風花。また、追加スタッフとして音響監督に小沼則義、音楽に狐野智之がそれぞれ担当する。

 外崎大輔役の内田は「台本を拝読して、自分自身もとても刺激を受けました。何かを表現しようと思った時に感じる想いをこの作品では丁寧に描いています。表現とは無限の可能性。登場人物達が一喜一憂しながら自分の選択をする姿に、気づきをもらえるのではないでしょうか。この作品がたくさんの人に届き、表現を生み出すきっかけになったら嬉しいです。ぜひご覧ください!」とコメント。

 中川萠美役の和泉は「萠美は人の良いところを見つけてすっと背中を押してあげられる、自然体な女の子です。『Hurray!』さんと『100studio』さんが映像を手掛けるということで、オーディションのお話をいただいた時からどんな作品になるのかとても楽しみにしていました! 今何かに悩んでいて背中を押して欲しい人の第一歩につながる作品、そして『やらなきゃいけないこと』を頑張る日々の皆さんにも、何か新しいことを始めたり目指してみたくなるような作品になっていると思います。ぜひ劇場で美しい映像、音楽そしてエールを受け取ってください」とメッセージを送った。

 本予告映像では、織重夕と、外崎大輔、中川萠美のキャラクターボイスが初公開。前半は、夕(歌唱アーティスト・菅原圭)が歌う、本作の重要な鍵を握る「未明」という楽曲と共に、「自分の作ったもので誰かの心を動かしたい」と、映像制作へ情熱を注ぐ彼方と、社会人になり音楽の道を諦めてしまった夕の苦悩と葛藤が描かれている。

 後半は、初解禁となる主題歌、フレデリックの「CYAN」に乗せてモノづくりへ打ち込む2人の姿が描かれ、作る喜びと痛みを知るすべての人へ刺さる映像となっている。

 そんな主題歌「CYAN」は、フレデリックが本作のために書き下ろした新曲。青春時代にモノづくりに情熱を注ぐ彼方たちを彩る、疾走感あふれる楽曲だ。

 フレデリックの三原康司は「『CYAN』映画の主題歌が入る青空のシーンに合うよう音をイメージし、物語に描かれた葛藤やその過程の美しさを自身の経験と重ね合わせ制作していきました。登場人物それぞれの精一杯の形はどれも真っ当な正義があるからこそ、どんな人の上でも青く広くそこにある空を、デザインでよく使う青『CYAN』シアンで喩えてみました」と説明。「雨や嵐の日もあれど、その上には青空はあり続ける。モノづくりに対し持ち続ける信念の形は、青空のように常にそこに存在するものに近いのかなと思います。作品の熱意に引けを取らないよう少しでも力添えできたらと、そして映画と共に自分達の音楽にエールを感じていただければこのうえなく幸せです」とコメントしている。

 あわせて、オリジナルサウンドトラック&ボーカル集が6月14日に発売されることも決定。作曲家・狐野智之が手掛ける劇伴と柿チョコをボーカルに招いて作った劇中歌、アーティスト・菅原圭が歌唱を担当する織重 夕のボーカル楽曲を2枚組CDに収録。パッケージは彼方と夕それぞれのイラストを使用したEPジャケットサイズの特別仕様。対象の店舗・ECサイトにおいて購入者特典(数量限定)の実施も決定。パッケージに使用するイラストを使用した店舗別特典のほか、拠点店共通メーカー特典として劇中歌を1曲収録した「カセットテープ」が付く。特典の詳細は各店舗まで。

 なお、本作のムビチケが、4月5日より、全国の上映予定劇場やWEBサイトにて販売開始される。特典付きムビチケオンライン前売り券では、メインビジュアル使用のスマートフォン・PC用壁紙がプレゼントされる。

 劇場アニメーション『数分間のエールを』は、6月14日全国公開。

ジャンルで探す