なにわ男子・高橋恭平、ブレザーの制服姿の自身は「最強×最強」 お姫様抱っこをするメンバーも告白

映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』完成披露試写会の様子

 クランクイン!

 なにわ男子の高橋恭平、女優の畑芽育が25日、都内で開催された映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』完成披露試写会に出席。胸キュンシーンが多く登場する本作で初主演を務めた高橋は「僕がブレザーの制服をを着ていることで、最強と最強ですよね」と語ったほか、自分が片想いしているものも明かした。

 本作は、亜南くじらによる超人気コミックの実写化。主人公の千輝彗(高橋)と、ヒロインの真綾(畑)らが織りなす青春ラブストーリーを描く。この日は共演した板垣李光人、莉子、曽田陵介、中島瑠菜、鈴木美羽、そして新城毅彦監督も出席していた。

 主演の高橋は役について「クールに見られがちなところとかは、僕もそういうところでは共感したり、一緒だなと思うところもあったり」とコメント。「胸キュンさせるっていう感覚より、胸キュンさせちゃったみたいな。させちゃったわ~みたいな。不意にさせちゃいましたみたいな。その感じで意識していました(笑)」と撮影を振り返った。

 「僕がブレザーの制服を着ていることで、最強と最強ですよね」と発言して照れ笑いを見せた高橋は、印象的な「甘いシーン」を聞かれると「お姫様抱っこ」と返答。「メンバーをお姫様抱っこするとかはあるんですよ。遊びでみたいな」と言い、誰をお姫様抱っこしているのか問われると「道枝駿佑だったり」と明かした。

 劇中で高橋にお姫様抱っこされている畑は「高橋さんはだいぶ手こずっていたと思います。やっぱり不慣れですよね?」と投げかけ、高橋は大きい卵のように畑を丁寧に扱ったとしたうえで「過去一で。優しいお姫様抱っこをしました」と振り返っていた。

 その後、本作に登場する「片想いごっこ」にちなみ「片想いしているもの」を発表することに。畑は「ちいかわ」を挙げ「ちいかわへの愛は止まりません」と笑顔を見せた。一方の高橋は「サウ活」と答え「本当に週5とかで行きます。仕事終わりとか、夜に行って気持ちよく帰って寝るっていう」とサウナへの愛を語っていた。

 映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』は、3月3日より全国公開。

ジャンルで探す