『ナンバMG5』間宮祥太朗、“松の声”津田健次郎とばったり遭遇

間宮祥太朗

 クランクイン!

 俳優の間宮祥太朗が主演を務め22日の放送で最終回を迎えたドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系)の公式ツイッターがオフショットを公開。主人公・剛を演じた間宮と、剛の愛犬・松の声を担当した津田健次郎がスタジオでばったり遭遇したことを明かした。

 ドラマ『ナンバMG5』は、小沢としおによる人気マンガ『ナンバMG5』『ナンバデッドエンド』を実写化した青春アクションコメディ。津田は、剛(間宮)のことを“兄貴”と慕う愛犬・松の声を担当。松役を務めた柴犬・豆三郎の愛らしいたたずまいと津田の声がドラマに絶妙なユーモアを添えていた。

 公式ツイッターが「なんと #間宮祥太朗 さんと #津田健次郎 さんがスタジオでばったり遭遇!」と披露したのは間宮と津田の2ショット。写真には、2人がカメラにリラックスした笑顔を見せる様子や凛々しい表情でガッツポーズをする姿が収められている。

 公式は「『初めまして!』『お会いしたかった!』と大盛り上がりのお2人」とつづり「間宮さんは改めて津田さんの声を聞いて『かっこいい!』と感激」と間宮の反応を明かした。

 間宮と津田の2ショットに、番組ファンからは「オーラバリバリの2人素敵」「かっこいいツーショット」「この2ショット嬉しすぎます」「奇跡の遭遇ですね!」などのコメントが相次いでいる。

引用:ドラマ『ナンバMG5』ツイッター(@nanbaMG5_)

ジャンルで探す