中居正広、高校時代の草なぎ剛の意外なエピソード語る 『ただただ話すダーケ』第3弾放送

『中居正広のただただ話すダーケ ノーカットですのでギリギリまで間は詰めてください。』より

(C)テレビ東京

 『中居正広のただただ話すダーケ ノーカットですのでギリギリまで間は詰めてください。』の第3弾が、テレビ東京系にて5月22日16時より放送される。

 この番組は、中居正広のほか、高岡早紀、矢作兼、尾上右近河北麻友子、Mattと多彩な6人の出演者たちが、「ただただ話す」だけ。お題さえも事前に決めていないため、トークテーマがめまぐるしく変化。あわよくばノーカットで放送する、行き当たりばったりのトークバラエティーだ。

 Mattが高校1年生の時、3年生に右近と河北がいたという堀越高校。すると「私も堀越だからね!」と高岡。実は、4人が芸能コースで知られる堀越の出身だった。矢作が「芸能コースの人が一般コースの人と友達になることはあるの?」と素朴な疑問をなげかけると、河北は「あるある」と即答。しかし、「俺は絶対、芸能コースの人には話しかけられない。コイツ、芸能人の私と仲良くなろうとしてるって思われたくないから」と矢作が言うと、「すごく見てるんだけどね」と中居。

 さらに堀越トークは進み、Mattと同時期に通っていた有名人には山田涼介川口春奈らがいたという。そんな話から、中居から高校時代の草なぎ剛の意外なエピソードが語られる。

 中居からMattに「これだけはしておいた方が良い美容」を聞くと、Mattが美容へのこだわりを披露。週に一度「美容デー」を設け、丸一日かけて美容に関する事を行うそうで、それは針やマッサージ、エステにクリニックなどを巡りまくり、食事を食べるヒマもないほど。一方、中居は風呂上がりにも何もしないそうで、「今はいいけど、冬は全身粉だらけになるからね」と。そんな中居に、Mattがある美容法をオススメするのだが…。「目をひっくり返して目の下のクマを取る」と言うMattに、一同「こわい!こわい!こわい!」。

 Mattが初めて芸能人に会ったのは、今から20年近く前の、まだ小学生の時。「お人形に見えて芸能人とはこういうものだ」と感銘を受けたそうで、それは中居だった。今でもMattは中居の影響を受けているそうで、話は芸能人の“プロ意識”に展開。

 「プロ意識はそんなにない」と言いつつも、中居が、自分がプロとして変わり始めたのを感じたのは「楽屋よりも自宅のリビングが広くなった」「衣裳さんが持ってくる服よりも、自分が着てきた服のほうが高くなった」時なんだとか。そこから中居が「キラキラしたものとキラキラしたものがぶつかった時の灯りってものすごいものを発する」というアイドル論ともいうべき話を披露。これを聞いた右近は「泣きそうになった。グッと来た!この話は価値がある」と感心する。

 『中居正広のただただ話すダーケ ノーカットですのでギリギリまで間は詰めてください。』は、テレビ東京系にて5月22日16時放送。

ジャンルで探す