天海祐希『緊急取調室』、新春スペシャル決定 緊急再結成の新生キントリが新年早々大暴れ

新春ドラマスペシャル『緊急取調室』放送決定

(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希が主演する新春ドラマスペシャル『緊急取調室 特別招集 2022 8億円のお年玉』が、テレビ朝日系にて2022年1月3日21時に放送されることが決まった。

 天海演じるたたき上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる『緊急取調室』シリーズ。7月期に放送された第4シーズンでは、鉄壁のチームワークを誇ってきたキントリが解散。最終回でメンバーはそれぞれ新天地へと旅立っていった。そんなキントリが臨時再結成。第4シーズンのラストで発生した8億円強奪事件の真相をマル裸にすべく大暴れする。

 キントリ解散後、有希子は警視庁「特殊犯捜査係」へ異動。管理官・梶山勝利(田中哲司)は捜査一課の管理官、菱本進(でんでん)は運転免許試験場の免許課主任、小石川春夫(小日向文世)は警察学校の教官となり、それぞれの道で正義を貫いていた。そんな中、年の瀬も迫ったある日、梶山が捜査に尽力していた8億円強奪事件の被疑者とみられる男の遺体が、ある民家の敷地内から発見された。警視庁は一刻も早い事件解決を目指し、特別措置としてキントリの臨時運用および必要人員の非常招集を決定する。

 梶山の招集を受け、一時的にキントリへ戻ってくる有希子。ところが、遺体が見つかった家で暮らすのはスーパー法曹一家。有名大学の法学部教授である家長を筆頭に、東京高裁のトップ判事である妻、大手弁護士事務所のパートナー弁護士である長男、さらには何やら秘密も抱えていそうな家政婦も…? 8億円強奪事件の真相はおろか、遺体がこの家で見つかった理由も、遺体の正体も闇の中。そんな中、有希子らは法を知り尽くした手ごわい一家を相手に、すべてを暴くことができるのか―。

 主演の天海は「お正月からまた皆さんにお目にかかれることになりました。第4シーズンではキントリが解散し、あれほど終わりの雰囲気を漂わせていたのに、こんなに早く、しかもお正月からすみません(笑)。また圧の強い人たちが戻ってきました。ふたたび『緊急取調室』をお届けでき、うれしい限りです」とコメントしている。

 新春ドラマスペシャル『緊急取調室 特別招集 2022 8億円のお年玉』は、テレビ朝日系にて2022年1月3日21時放送。

ジャンルで探す