堤真一『妻、小学生になる。』、妻&娘に石田ゆり子×蒔田彩珠×毎田暖乃

ドラマ『妻、小学生になる。』新島ファミリー

(C)TBS

 俳優の堤真一が主演を務める2022年1月スタートのドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)で主人公の家族を演じるキャストとして、石田ゆり子、蒔田彩珠、毎田暖乃の出演が発表された。

 本作は、芳文社「週刊漫画TIMES」連載中の村田椰融による累計発行部数(紙+電子)130万部超えの漫画の実写化。主人公の新島圭介を堤が演じる。

 10年前に愛する妻を失い、生きる意味を失った夫とその娘が、思わぬ形で妻(母)と奇跡の再会をするところから物語は始まる。なんと妻(母)は生まれ変わって、10歳の小学生の女の子になっていた。夫と娘はそんな妻(母)の姿に戸惑いながらも、10年ぶりに彼女に尻を叩かれ激励される。この物語は、彼らのみならず、一家に関わる周りの人々が「生きること」に再び向き合おうとする、ちょっと変わったホームドラマだ。

 このたび発表されたのは、新島圭介(堤)の家族を演じる3名のキャスト。10年前に他界した妻・新島貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣を蒔田彩珠、生まれ変わった圭介の妻で10歳の白石万理華を毎田暖乃が演じる。

 石田演じる貴恵は、人気の洋食屋に勤めているシェフ。料理上手で、家族を心から愛し、手のかかる夫と娘の世話を焼く、家族にとって太陽のような存在だ。10年前に他界したが生まれ変わり、小学生の姿で圭介と麻衣の前に現れる。

 石田は「私の演じる新島貴恵さんという人は太陽のように明るく、周りにいる人みんなを幸せにするような人。その根本にあるのはきっと、絶対的な母性。そのことだけを心の奥にしっかりと留めて、生き生きと演じたいと思います」と話す。

 蒔田演じる麻衣は、もともと内向的な性格だったが、母が突然亡くなり、母から生きるすべを学べないまま大人になってしまった。高校卒業後は就職したものの、現在は無職の20歳。恋愛にも消極的で、自分の人生を歩まなければいけないと分かってはいるが、将来に夢や希望を持てないでいる。

 蒔田は「麻衣はお母さんに再会するまでお父さんと二人で過ごしてきて、ずっと笑わないまま生きてきたので、お母さんと再会することで、一歩踏み出すというところは大事に演じたいなと思います」とコメント。

 毎田演じる万理華は、10年前に他界した貴恵の生まれ変わり。姿は小学生だが中身は大人という難しい役どころだ。白石万理華として生きていたある日、10歳の誕生日を前に自分が「新島貴恵」であると突然思い出す。住んでいた新島家を訪ね、夫と娘に再会。自分の死を引きずったままの二人の尻をたたいていく。

 毎田は「私はまだ小学生なので、妻とか母という気持ちを想像するのがすごく難しいのですが、人からお話を聞いたり、教えてもらったりしながら、少しでも妻と母の気持ちを心に置いて演じたいなと思います」としている。

 金曜ドラマ『妻、小学生になる。』は、TBS系にて2022年1月より毎週金曜22時放送。

ジャンルで探す