劇場版『ソードアート・オンライン』主題歌はLiSA×Ayase 音源収録の本予告解禁

『劇場版 ソードアート・オンライン ‐プログレッシブ‐ 星なき夜のアリア』劇場用ポスター

(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO‐P Project

 アニメ『劇場版 ソードアート・オンライン ‐プログレッシブ‐ 星なき夜のアリア』の主題歌が、Ayase作曲、LiSAが作詞、歌唱する「往け」に決定。主題歌を収録し、アスナとミトの関係が明かされる本予告が解禁された。

 第15回電撃小説大賞大賞を受賞した川原礫による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(電撃文庫)をアニメ化した本作は、次世代VRMMORPG《ソードアート・オンライン》を舞台に繰り広げられる主人公キリトの活躍をアスナ視点で描く、新たな《アインクラッド》編。

 本予告は、主人公の結城明日奈が渋谷のスクランブル交差点でビジョンを見上げるシーンから始まる。受験生として勉強に励む中、学校の屋上で同級生の兎沢深澄と放課後を過ごす明日奈。ゲーム好きの深澄から「一緒にやってみない?」と誘われ、“アスナ”として《SAO》の世界へ。そこでミト(深澄)と合流したアスナは、《SAO》が命をかけたログアウト不能のデスゲームだと宣言される。ミトは「絶対にアスナを死なせない」と固く決意するが…。

 後半には、LiSA本人が作詞を務め、YOASOBIとしても活動するAyaseが作曲を担当した主題歌「往け」にのせ、アスナとミトがモンスターを相手に懸命に闘う姿や、キリトとアスナの出会い、手に汗握るアクションシーンが展開される。

 LiSAは「《アインクラッド》編で『crossing field』という楽曲にてオープニングテーマを担当させていただいてから、約10年。そして今回、アスナの本当の美しさや強さの理由に触れたように感じる、『プログレッシブ』。初めから強かったわけじゃない。裏切り、悲しみ、不安、葛藤を乗り越えたその先で、繊細でしなやかで、芯のある強さと美しさを持った女性。そんなアスナの心を歌うに相応しいメロディーを、Ayaseさんに託していただきました」とコメントしている。

 「往け」は配信シングルとして、劇場版の公開に先駆け、10月15日からダウンロード&ストリーミング配信がスタートする。

 『劇場版 ソードアート・オンライン ‐プログレッシブ‐ 星なき夜のアリア』は、10月30日より公開。

ジャンルで探す