マシュー・マコノヒー、母親をひざに乗せ話題の自叙伝をPR 過去には8年間絶縁も

マシュー・マコノヒー

(C)AFLO

 オスカー俳優のマシュー・マコノヒーが、母親をひざに乗せて、話題の自叙伝『グリーンライツ(原題)』をPR。マシューの妻カミラ・アルヴェスが、インスタグラムで写真を公開した。

 カミラは、キャプションに「誇らしげなママ!」と添えて2人のツーショットを投稿。続けて、「マシューが成しとげた愛のこもった仕事を、どれほど誇らしく思っているか言葉では表現できない!!」とコメントし、マシューの初めての自叙伝の出版を祝った。マシューとカミラは、長年の交際を経て2012年に結婚。2人の間には3人の子どもがいる。

 マシューの自叙伝『グリーンライツ(原題)』については、現地時間10月20日の出版に先駆け、People誌で一部が紹介され、マシューの父親が、母との性行為中に心臓発作で亡くなったことが明らかにされていた。ショッキングかつこの上なくプライベートな内容に賛否両論が寄せられるなど、話題になっている。

 マシューの母ケイさんは、現在88歳。マシューが映画『ダラス・バイヤーズクラブ』で主演男優賞を受賞した第86回アカデミー賞授賞式で、マシューらと一緒にレッドカーペットに登場するなど、一緒にイベントに登場することもしばしば。カミラのインスタグラムにも度々登場している。

 今年1月には、Entertainment Tonightのインタビューにて、映画『ザ・ジェントルメン』で共演したヒュー・グラントの91歳の父親とブラインドデートをセッティングされたことが明かされ、話題となった。

 またマシューは、現地時間21日に出演した人気ラジオ番組『ハワード・スターン・ショー(原題)』で、母と8年間も絶縁していたことを明かしている。ケイさんが、マシューの許可なく2人の会話の内容を報道陣に明かしたり、子どもの頃に住んだ家を公開したことが原因だというが、有名セレブゆえのトラブルと言えそう。すでに関係はすっかり修復され、今では良好な関係を築いている様子。

引用:「カミラ・アルヴェス」インスタグラム(@camilamcconaughey)

ジャンルで探す