囲碁・仲邑菫三段 タイトル戦で初白星 女流棋聖戦第2局で上野愛咲美女流棋聖に勝利

女流棋聖戦第2局で勝利した仲邑菫

 囲碁の中学生棋士・仲邑菫三段(13)が26日、東京・千代田区の日本棋院で行われた女流棋聖戦挑戦手合三番勝負第2局で上野愛咲美(あさみ)女流棋聖(21)に235手で白番半目勝ちし、対戦成績を1勝1敗とした。史上最年少タイトル獲得へ王手を掛けた。

 終局後、仲邑は「序盤から一方的な研究不足を感じた。中盤はそうとう悪かった」と序中盤を反省しつつ、逆転した終盤については「粘り強く打てたのはよかった」と振り返った。

 仲邑の番勝負は今年4月に藤沢と対決した女流名人戦三番勝負(藤沢が2連勝で防衛)に続き、2度目。タイトル挑戦は7月に牛(にゅう)栄子四段と対決した扇興杯女流最強戦決勝も合わせて3度目となるが、白星をつかむのは初めて。

 現在の史上最年少初タイトル記録は、藤沢里菜女流二冠が2014年6月に第1期会津中央病院杯で達成した15歳9か月。仲邑が次局に勝って女流棋聖獲得となれば、13歳11か月で最年少タイトル獲得記録を更新する。第3局にむけては「自分の力を出し切れるように頑張る」と話した。

 大一番の第3局は2月6日、東京・千代田区の日本棋院で行われる。

ジャンルで探す