東大法学部卒のミステリー作家・結城真一郎が語る「オチの見えない人生」

第74回日本推理作家協会賞を受賞した『#拡散希望』を含むミステリー短篇集『#真相をお話しします』(新潮社)。マッチングアプリやYouTuber、リモート飲み会など日本の〈いま〉を巧みに使い、容赦ない「どんでん返し」を作り上げるこの作品は、発売前後からさまざまなメディアで取り上げられ、発売後即重版が決定。ミステリー界で今年一番の話題作だ。

この作品を書いたのが作家の結城真一郎。東京大学法学部出身という異色の経歴を持つ彼に、創作のメソッドや、この夏オススメのミステリー小説、さらに人生観についてまで深掘りしました!

 内容は全て頭の中に!? 驚きの創作術

――こうしてミステリー作家の方にお話を聞くのが初めてなので、ファン目線でいろいろ聞いてしまうんですが、作品作りはどのようにされるんですか? 例えば、まずプロット※を作りますよね?

※ストーリーや登場人物を要約したもの

結城 僕、可能な限りプロットは書かないようにしていますね。

――えー!! いや、これって結構な衝撃発言ですよね?(と同席している新潮社の方に同意を求める)

新潮社の方 (笑顔で黙って頷く)

結城 (笑)。少なくとも今回の作品に関しては、何も書かずにそのままキーボードに向かってますね。こういう展開で、ここにはこういう伏線があって……という設計図は、頭の中にあるんです。ただそれを書き出していないだけ。これは完全に僕の中の価値観なんですけど、紙に設定とかプロットを書いた時点で、それがひどくつまらないものに感じてしまうんですよね。

 

――なるほど。でも、たしかに作家というお仕事でいうと、プロットっていらないといえばいらないですよね。書き出すって行為は、誰かに説明するために行う場合が多いから、頭の中にあるものを作品として提示して、結果それが面白かったら、それでいいですもんね。

結城 そうですね。ただ場合によっては、どういう話だとか、ブレストレベルで書き出して提示を求められることもあると思うんです。今回の作品に関しては、プロットを作らず、出来上がったものを編集者さんに見せる、という流れでやらせていただけたので、とても感謝しています。

意識したのは“本を読まない人にも届く作品”

――ミステリーって、編集も特殊だと思うんですが、今回の『#真相をお話しします』において、トリックや伏線も含めて編集者の方から指摘が入ったことはありましたか?

結城 はい。“この伏線の見せ方だと、ちょっと匂わせ過ぎじゃない?”とか、“逆にこれだと弱いかも”みたいなことを言っていただいて、僕は“はい、仰せのままに!”みたいな(笑)。あと収録された話のなかのひとつ、精子提供が大きなキーとなる「パンドラ」という話だと、登場人物にリアリティを持たせるために、全体的なバランスを考えて、ここはちょっとトーンを落としてみたほうがいいんじゃないか、とか。トリック以外にも、いろいろ意見をいただきました。

――テーマとか題材探しなどは、どのように行っているんですか?

結城 最近は、思いついたことを手帳やスマホなどに書き残すようになりましたね。

――例えば、喜怒哀楽、どの感情が作品につながりやすいですか?

結城 それでいうと、感情が始まりになることはあまりないかもしれないです。僕はガジェットが起点になることが多いですね、それこそYouTubeとかマッチングアプリとか。これをどう使うとか、これで何が起こるかな、とか考えるのが好きです。そういう装置を起点として、さまざまな人間模様を描き、面白いミステリーにしたいと思っています

 

――この『#真相をお話しします』は、ミステリー好きの方はもちろん、あまり本に触れていない人たちも面白く読める作品だなと思っているのですが、面白いミステリーを作ることに特化したいというのは、そういうところに現れているのかもしれないですね。

結城 うれしいです。今回の作品を作るうえで明確に意識していたのはまさにそこで、普段はミステリーを読みません、もっと言えば本を読みません、という人に楽しんでもらいたくて書いていました。作品のテーマがYouTubeやマッチングアプリの新しい一面、と「新しい一面」というのがキーワードになっているので。本を読んでない人も、読書やミステリーの新しい面白い一面に気づいてほしいなと思ってました。

結城真一郎が今年の夏、オススメするミステリー小説

――この本をキッカケに世界が広がる人がたくさん現れると思います。結城さんのパーソナルな部分についてお伺いしたいのですが、執筆の息抜きなどは何をされていますか?

結城 何に一番時間を使っているかというと、YouTube見てますね。見てるあいだに、もっと執筆しろよって言われかねないくらい(笑)。この本にも、東海オンエアの冒頭の挨拶を引用しているんですけど、虫眼鏡さんに帯を書いていただけて、非常にうれしかったです。あとはコロナ禍になってからはできないですけど、友人と飲み会したり、旅行をしたり、ごく普通の感じです。

――お伺いしたいのが、勉強術というか、どうやって東京大学に入ったのか、これは多くの人が知りたいと思うんですけど……。

結城 特別なことをしていた、というのは本当になくて。ただ、出題傾向とかはよく見ていたし、そこで“ここは押さえておこう”“ここはバッサリ捨ててしまおう”みたいな優先順位をつけて、じゃあどこを重点的に勉強しようかってことを考えるのは好きでした。結果が点数として現れるのも、僕はとても楽しかったですね。

――なるほど。でも、仕分けたところで勉強しないと結果としては反映されないわけで、そこで努力できるというのも大事ですよね。

結城 ありがとうございます。ただ努力したところで、うまく結果として反映されなかったら、途中で辞めてしまってたかもしれないですね。勉強も執筆も、小さな成功体験が積み重なっていくのが大事だなと思います。

 

――ちょうど夏休みという方が多いと思うんですが、これを読んでいる方に、オススメのミステリーはありますか? 例えば、夏が舞台になった作品とか…?

結城 そうですね。夏を感じる作品というと、道尾秀介さんの『向日葵の咲かない夏』、東野圭吾さんの『真夏の方程式』、恩田陸さんの『夜のピクニック』もいいと思います。最近の作品でいうと、似鳥鶏さんの『夏休みの空欄探し』も面白かったです。高校生が主人公なので、今の自分が読むとノスタルジックな気持ちになるんですが、現役の学生が読むとまた違うだろうなって思いました。小説ではなく、映画でいうと夏は関係ないですが『バタフライ・エフェクト』は、もう何度も見ましたね。

人生もオチが見えるのはドキドキしない

――当たり前ですけど、夏を舞台にした作品でオススメは? と聞いただけでバババッと出てくるところに、結城さんのミステリー愛が見えた気がしました。ちょっとお聞きしたいなと思ったのが、結城さんの場合、辻堂さんがキッカケになって行動に移したと思うんですが、好きなことを仕事にする、というのはリスクが伴う行動ですよね? 特に結城さんの場合は、東大出てるのに小説家?って言われることもあったと思うんですが。

結城 僕の考えですが、うまくいかなければ最後に道端で野垂れ死んでもしょうがない、と腹をくくれる人が一番強いですよね。ただ、全員が全員そんな考えはできないですし、家庭を持ってたらそんなことは言えない。だから好きなことを仕事にするために、自分の中でプランをいくつか用意するとか、どこかにある程度の保険をかけておくのが大切なのかなと思います。実は自分も兼業なので。

――そうなんですね。やりたいことをやるために周りを固めていく、という方法は参考になります。

結城 今やりたいことがあったとしても、例えば学生だったら、しっかり大学まで出ておく。そうすることによって、ある程度は家族や周りの人も納得してくれる。そういう地盤固めが必要だと思います。それで挑戦して、うまくいかなかったら、やり方を変えるのか、撤退するのか、何年って期限を区切るのか。なににせよ、好きなことに自分が気持ちよく突っ走れる環境づくりが必要なんじゃないでしょうか。

 

――ちなみに、兼業されているということで、作品作りなどは大変なんじゃないかなと思うのですが?

結城 そうですね。『#真相をお話します』を出版して、ありがたいことにオファーをたくさんいただくようになったので、作品のクオリティを担保するために、考え方とか、単純に小説への向き合い方とかを変えていかなきゃいけないな、と感じ始めています。

――サラッとストイックなことを言いますね…!

結城 いえいえ。ただ、僕が中高と開成出身で、中学に入った時点で、俗に言うベルトコンベアなんです。

――日本有数の豪華なベルトコンベアですけど…(笑)。

結城 (笑)。ただ、そこに入ったが故に、“この道に進んだら、この人みたいなキャリアを歩むんだろうな”というのが、ある程度透けて見えるような気がしてしまって。それはそれでとても尊いことですけど、僕はちょっとそこから外れたいなって感じちゃって。オチがわかりきってるのって、ドキドキしないなって思ったんです。だから小説家になりたかったし、いろいろ考えるのも全然苦じゃない。先が読めないほうが面白いので。

――そこもミステリー好きな一面が顔をのぞかせてますね。

結城 たしかに! 今やっていることのひとつひとつが伏線になって、あとあと効いてくるって考えると、とてもワクワクします(笑)。

――(笑)。結城さんの今後の展望などを聞かせてください。

結城 今回の『#真相をお話します』は、韓国で海外翻訳が決定しているので、言語の違う方にどういう感じで受け止められるのかは、とても興味があります。それこそ自分の書いた作品が映像化されるとしたらすごくうれしいし、ドラマや映画に限らず、お芝居でもうれしい。自分の書いたものが小説とは別の形で世の中に発表されるのは見てみたいですね。

だからといって、映像化を意識して書いていく、というのは違うと思うので。やはり、ただただ自分が書いていて面白いものを書いていきたいですね。今回のような、時代の最先端を切り取るものだけではなく、歴史・青春・ファンタジーなど幅広いミステリーに挑戦したいです。


『#真相をお話しします』が話題! 結城真一郎をミステリー作家へ導いた東大の同級生 | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)

発売後即重版となった話題のミステリー短篇集『#真相をお話しします』。その作者である結城真一郎に作家を志すキッカケとなった出来事、良い…

■プロフィール


結城 真一郎(ユウキ・シンイチロウ)

1991年、神奈川県生まれ。東京大学法学部卒業。2018年に『名もなき星の哀歌』で第5回新潮ミステリー大賞を受賞し、2019年に同作でデビュー。2020年に『プロジェクト・インソムニア』を刊行。同年、「小説新潮」掲載の短編小説「惨者面談」がアンソロジー『本格王2020』(講談社)に収録される。2021年には「#拡散希望」(「小説新潮」掲載)で第74回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。同年、3冊目の長編作品である『救国ゲーム』を刊行し、第22回本格ミステリ大賞の候補作に選出される。Twitter:@ShinichiroYuki

ジャンルで探す