不倫の事実を認めた広末涼子と鳥羽周作 謝罪文をSNSで公開

2023年6月に、一部週刊誌で既婚者同士の『ダブル不倫』疑惑が報じられた、フレンチレストランのオーナーシェフである鳥羽周作さんと、俳優の広末涼子さん。

当初は鳥羽さんが否定のコメントをしていましたが、同月14日に両名ともSNSを更新し、不倫の事実を認める文章を公開しました。

鳥羽さんは、Twitterで各関係者はもちろん、自身の家族に対しては「夫として、父として、本当に愚かな姿を見せました」と謝罪。さらに、当初、不倫の事実を否定したことに対しても「自分の弱さ、そして何よりずるさが出た結果」とつづっています。

その上で、信用を取り戻せるよう努力しつつ、改めてゼロから料理に向き合っていく姿勢を示しました。

また、広末さんは自筆の謝罪コメントをInstagramで公開しています。

コメントの中で、鳥羽さんの家族やファンなどへの謝罪の気持ちをつづりました。

この度は、私、広末涼子の軽率な行動により、たくさんの方々にご迷惑とご心配をおかけしてしまったことを深く、心よりお詫び申し上げます。

一部、週刊誌で報じられているとおり、鳥羽様との関係は記事のとおりです。

鳥羽様のご家族に悲しい思いをさせてしまったこと、辛い気持ちにさせてしまったことを何よりも申し訳なく思っています。

私自身の家族、3人のこどもたちには、膝をつき合わせ直接、「ごめんなさい」をしました。彼らは未熟な母親である私を、理解し認めてくれました。

また、今回の一件により、これまで応援してくださった大切なファンの皆さまをがっかりさせてしまったことも、この場でお詫びさせてください。

みなさま、本当にほんとうにごめんなさい。

私の憧れだった女優業を汚してしまった事実と、鳥羽様のご家族を傷つけてしまった罪を心に刻み、これからの人生を考えてゆきたいと思います。

hirosue_staff ーより引用

同日、所属事務所である有限会社フラームは、不倫について「インスタグラムに発表させていただきました本人のコメントの通り」として、広末さんを無期限謹慎処分にしたことをウェブサイトで発表しました。

事務所としましては、事態の重さに鑑み、広末涼子を無期限謹慎処分とすることにしました。

現在進行中の作品に関しては、関係者の方々にご迷惑をおかけしないよう誠心誠意対応させていただきます。

有限会社フラーム ーより引用

2023年には、連続テレビ小説『らんまん』(NHK)や、同年5月19日公開の映画『最後まで行く』などに出演している広末さん。

不倫の影響がどこまでおよぶのか、また信用回復に向けた今後の活動について、人々の注目が集まっています。


[文・構成/grape編集部]
出典
hirosue_staff有限会社フラーム

動画や画像が表示されない場合はこちら

ジャンルで探す