明日の『虎に翼』あらすじ。梅子(平岩紙)との再会を喜ぶ寅子(伊藤沙莉)。一方、猪爪家では花江(森田望智)が…<ネタバレあり>

(『虎に翼』/(c)NHK)

現在放送中の伊藤沙莉さん主演・連続テレビ小説『虎に翼』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時ほか)。第13週「女房は掃きだめから拾え?」の第62回が6月25日に放送予定です。

*以下6月25日放送回のネタバレを含みます。

朝ドラ通算110作目となる『虎に翼』は、昭和の法曹界を舞台に、激動の時代を描いたリーガル・エンターテインメント。

日本初の女性弁護士で後に裁判官となった三淵嘉子(みぶち・よしこ)さんがモデルで、仲野太賀さんや石田ゆり子さん、松山ケンイチさんらが出演。

尾野真千子さんが語りを、脚本は吉田恵里香さんが担当。主題歌『さよーならまたいつか!』は米津玄師さんが手掛けています。

<あらすじ>

元山すみれ(武田梨奈さん)が持つ遺言書の検認に立ち会うためにやってきたのは、梅子(平岩紙さん)と三人の息子たち、そして義理の母・常(鷲尾真知子さん)だった。

寅子は梅子との再会を喜び、轟(戸塚純貴さん)とよね(土居志央梨さん)の事務所に案内する。

一方、猪爪家では花江(森田望智さん)が一人で家族全員を支える状況が続いていた。

ジャンルで探す