青木さやか「珍しく一日中家にいた。最後は即興でピアノを弾いて娘とハモって歌う。少しだけ尊敬される瞬間」

(写真提供◎青木さん 以下すべて)
お笑いの仕事だけでなく、女優、エッセイストとしても忙しい日々を送る青木さん。今回は「娘の母でドライバーでたまにピアノ伴奏者として」を綴ります。

* * * * * * *

【写真】リビングに鎮座するピアノ

青木さやか「ギャンブル依存症について考える。〈極度の興奮〉を求め、パチンコがやめられなかった。嘘をつくのも一つの癖だ」はこちら

昼からネコと寝られるのは最高

5月の半ば、一日中家にいた珍しい日。

わたしは一日外出しないLINE日は、一年に数回しかない。毎日仕事ってことではないけど、どこかへ出かける性分なのだ。スーパーとか、コンビニとか、どこでもいいのだけど。

朝、娘を送り出して、すぐにモノは溜まっていくものだ、とフリマに出すもの、処分するものをわけたりして、30分ほど経つとベッドに横になると、白いネコが寄ってきて傍で寝始めた。昼からネコと寝られるのは最高だ。すると、もう1匹のハチワレネコがやってきて、白いネコとわたしの間に入ろうとしてきた。必ず、ハチワレネコは間に入るのだが、わたしと白いネコの間に隙間がなかったものだから、ハチワレネコはわたしの顔の上にドスンと寝転んだ。

顔の半分にネコが乗っていた。

ベッドでわたしと一緒にくつろぐクティとシティ

夏場の家での過ごし方など考えたり

ベッド傍の窓は網戸にしてあって、いい風が入ってきた。5月は、まだ涼しい風。西向きのリビングは夏が思いやられる。

あまりにも暑いので、昨年遮光カーテンかすだれか、それとも二重窓か、なにか対策はないものか、いくらくらいかかって、どれくらいで設置してもらえるものなのか、と調べていたら夏が終わった。今年の夏だって、きっと暑いだろう。みんな、家で夏場どうやって過ごしているのか。もしかしたら夏場は北向きの部屋に避難しているとか?

そんなことを考えながら、少し眠ったり、キャベツとベーコンのスープを作って食べたり、ネコに「また寝ているのか」と喋りかけたりしていると、あっという間に夕方。

娘から駅まで迎えにきてほしい、とLINEがありお迎えに。わたしは母でもあるがドライバーでもある。お客様である娘は、時には口も聞かず、時にはAirPodsを耳につけたまま、時には学校のことをぽつりぽつりと、時には歌いながら盛り上がる。

ギャンブル依存症の癖
本連載から生まれた青木さんの著書『母』

娘は、わたしのピアノ伴奏で歌うのが好き

今日は「歌おう!」の気分のようだ。

歌はHave You Ever Seen The Rain

帰宅すると、久しぶりに家の中心を陣取りピアノの蓋をあけた。娘は、わたしのピアノ伴奏で歌うのが好きだ。わたしは、一度聴いたことのある曲は、即弾けるという特技を持っている。それは凄い!と驚かれるが、特に披露の場はなくここまできた。しかし、娘とのコミュニケーションには役立ったいる。弾きながら、自由自在にハモることもできる、わたし。娘はピアノを弾いているわたしに対しては、若干の尊敬を持っている気がする。

西向きの窓からは綺麗な夕日。赤く染まってきた。気分が大きくなり、網戸にし、世界中に聴こえるような声で、わたしたちはハモりはじめた。

I wanna know, have you ever seen the rain?

今日は、いい一日になった。

ジャンルで探す