緊急事態宣言 11都府県に発令中

玉川奈々福×神田蘭×重松清 編集者、女優から「話芸」の道へ【前編】

左から、玉川奈々福さん、神田蘭さん、重松清さん(撮影:木村直軌)
若手の台頭でイメージが刷新され、ブーム到来といわれる「講談」と「浪曲」。近年、客層の幅が広がるなか、女性演者の活躍が目立っています。語りの芸と、浪曲に新たな息を吹き込むプロデュース力が評価され第11回伊丹十三賞を受賞した浪曲師・玉川奈々福さん。歌や踊りも取り入れたレビュー講談や婚活講談など、オリジナル新作でも人気を博す講談師・神田蘭さん。古くて新しい話芸の魅力に、重松清さんが迫ります(構成=福永妙子 撮影=木村直軌)

* * * * * * *

お客さまの前で語るのが仕事だから

重松 新型コロナウイルスの影響を受け、リモートでゲストのお二人にお目にかかります。

奈々福 重松さん、初めまして。蘭ちゃん、お久しぶり。

 奈々福おねえさん、よろしくお願いします。

重松 「蘭ちゃん」「奈々福おねえさん」と呼び合っているんですね。

 上下関係です。あっはっは。

奈々福 この世界は年齢に関係なく、入門の順番で上下が決まっていまして、私のほうが蘭ちゃんよりも入門が先なんです。

重松 浪曲と講談、ジャンルが違うなかで、交流はあるんですか。

奈々福 浪曲、講談、そして落語を総称して「演芸」といいます。それらを集めての企画もありますし、寄席や収録現場で顔を合わせたりも。浅草に木馬亭という浪曲の寄席がありますが、必ず一席、講談が入るんです。蘭ちゃんの出番があるときに、「久しぶり」「最近どう?」とおしゃべりしたり。

重松 舞台でお客さまを楽しませるお二人ですが、4~5月は外出自粛、商業施設の休業要請があり、寄席も長く公演中止。演芸人として、存在の根っこが揺らいでしまうほどの大変なことだったと思います。この時期、どう過ごしていらっしゃいました?

奈々福 毎日のようにあった仕事が、いっさいなくなって、家にいるしかしょうがない。ただ、私たちはお稽古しないと気がおさまらないところがありまして。それに浪曲はひとりの芸じゃないですし。

重松 三味線が入りますね。

奈々福 浪曲の三味線方を曲師と言うのですが、浪曲は、浪曲師とその曲師との二人芸なんです。私が主に弾いていただいているのが芸歴72年の名人、沢村豊子師匠。自粛期間中、他の人には会わずとも、豊子師匠のもとには2日にいっぺんくらい通って、声を出すようにしていました。ただ、目の前に目標がないとモチベーションは保てないですよね。

 Me tooです。私たち、ライブといいますか、お客さまの前で語るのが仕事でございますからね。私はラジオ番組をやっているので、唯一、仕事をしていたのはその収録くらい。もちろん稽古はしておりました。

重松 初歩的な質問ですが、話芸、語り芸としての浪曲、講談は、それぞれどのような特徴があるのでしょう。

奈々福 三味線に乗せて、歌うような独特の節まわしで物語を進めるのが浪曲です。義理人情やお涙頂戴もあれば、笑いもある。演目は、「国定忠治」や「忠臣蔵」などの古典はもちろん、今の時代に合わせた新作もあります。

 講談は、釈台という机を前に、手には張り扇。その張り扇で釈台をパパパッパンと叩いて調子をとりながら、物語をわかりやすく、お客さまにお伝えするもの。もとは史実の読み聞かせだったものが、大衆娯楽になったそうです。

入門者が増えたのは3・11以降

重松 「今、最もチケットを取るのが難しい」と言われる講談師の神田伯山さんの真打昇進・襲名披露もあり、2020年は新型コロナさえなければ、話芸がもっと注目されたはずでした。それまでの業界全体の盛り上がりを、肌で感じていらしたでしょう?

 いやあ、すごく盛り上がっていました。伯山くんは大人気で、お客さまが鈴なりになって。寄席に若い方が増えましたよ。若いといっても30代ですが、私たちの世界では若い、若い。

奈々福 私は入門して25年になりますが、お客さまは以前とぜんぜん違います。おじいちゃんしかいませんでしたが、今は若い方で興味を持って来てくださる方が増え、客層が幅広くなりました。演者も、私の入門時は人生の大先輩方ばかり(笑)。今は後輩がずいぶん入ってきていますし、20代もいます。演者が若返ると、お客さんも若返る。

 私が入門したのは16年前の2004年。講談の世界も、当時は入門してくる人が少なかった。どーんと入門者が増えたのは、2011年の3・11以降です。

重松 それ、興味深いなあ。

 動機を聞くと、「いつ何が起こるかわからないから、好きなことをしたい」と。会社勤めしていた若い方が多い。

重松 演芸の世界というと、入門後の修業の大変さや、師弟関係の厳しさがありそうですが。

 私は落語芸術協会に属しているので、落語家さんと同じ、見習いから始まって前座修業というのをやりました。寄席で師匠方にお茶を出し、着付けを手伝い、脱いだ着物を畳んで送り出し……。浅草演芸ホール、新宿末廣亭、鈴本演芸場など東京の大きな寄席は365日やっているので、修業も365日休みなし。まさにブラック職場(笑)。私はその修業を4年半やりました。当時はキツいなと思いましたけど、師匠方の芸を見たり、高座に上がっていなくても、お客さまの笑い声から間合いを肌感覚でんだり、いろいろなことを学べました。

奈々福 落語や講談の前座さんの修業にはフォーマットがあるんですね。ところが浪曲にはそれがない。一門、一門、師匠によって、教え方も、修業の仕方も違う。ただ、弟子入りというのはそれまでの自分を捨てて一門のなかに入り、擬似親子になることですので、「それまでの人生で身につけてきたものは捨てなさい」という面があります。厳しさの種類もいろいろですが、ハードルの高いことではあると思います。

編集者、女優から「話芸」の道へ

重松 蘭さんは女優、ナレーターのお仕事からの転身だし、奈々福さんは、長年、出版社の編集者だった。そこからこの世界に飛び込まれたわけですよね。

奈々福 私は浪曲師になるなんて微塵も思わなくて。出版社にいたとき、会社の近くにあった日本浪曲協会の三味線教室で習い事をしてみようと、うっかり足を踏み入れたのがはじまりです。30歳のときでした。三味線を習っているうちに、この世界に引きずり込まれてしまったんです。

重松 むしろ受け身だった?

奈々福 最初はそう。「浪曲って時代錯誤~」と思ってましたもの。それに、当時の浪曲師は10代からこの世界一筋の人が多かったんです。私の入門は遅すぎた。でもだんだんと浪曲の魅力がわかってきて、三味線弾きから浪曲師となり、今は、この道は定められていたのではないかと思うほどです。

 それはおねえさん、天命だったんですよ。

奈々福 入門したずっとあとになって、祖母のいちばん上のお兄さん、私の大伯父が浪曲師だったと知りました。それまでは大伯父といえば、芸で身を持ち崩して、妻と子に迷惑をかけた人、と親戚から聞いていたんです。

重松 それが、同じ世界の大先輩だった。びっくりしたでしょう。

奈々福 はい。それとですね、重松先生にこうしてお会いしていますけど、私、「重松」という名前にとても萌えるんですよ。私の大好きな大正時代の浪曲の超名人、それが木村重松という人なんです。

重松 シゲマツ……。

奈々福 はい。しかも、大伯父は、その重松先生の弟子だったんです。

重松 いやあ、それ自体がひとつのドラマになっている。蘭さんのこの世界へのきっかけは?

 たまたまテレビでのちの師匠となる神田紅の文芸講談「滝の白糸」を観て、聞き入ってしまったんです。ひとりで演じ、人々をいにしえの世界へといざなうストーリーテラーになれる。自分もやってみたいなと。

重松 先にもうかがいましたが、蘭さんのように、別のお仕事をしていて、こちらの世界に入ってこられる方が多いんですね。

 講談のマクラでも言うんですけど、女性で人生、ひと山、ふた山、み山、越えたような人が入門してくる。お客さまに聞かれます。「なんでそんなに女性ばかりが?」。こう答えます。「行き場のない人が来るんじゃないでしょうか」。

奈々福 問題発言~!(笑)

 「……私を筆頭に」。(笑)

<後編につづく

ジャンルで探す