家での静かな時間に似合うバッハ

神尾真由子 J・S・バッハ 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲 ソニー 3000円

一人の時間に寄り添ってくれる

自宅で過ごす時間が増えた今日この頃。家での静かな時間に、J・S・バッハ、それも、演奏家がたった一人、ヴァイオリンという旋律楽器で壮大な宇宙を描き上げる無伴奏作品はよく似合う。

【写真】日本のクラシック界を牽引する若き力

神尾真由子の演奏するJ・S・バッハ《無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲》は、絶妙な距離感で一人の時間に寄り添ってくれる。神尾は10歳でデビューし、ティーンエイジャーの頃から舞台に立つ。2007年チャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で第1位に輝き、のちに、同コンクールピアノ部門最高位のミロスラフ・クルティシェフと公私ともにパートナーとなった。

コロナ禍で、神尾も予定していた多くの公演が中止や延期となった。しかし、子育てをしながら第一線で演奏活動を続けてきた彼女にとって、この状況については「忙しいところから通常の暮らしに戻ることができて、ほっとしたのが正直なところ」だという。

録音が行われたのは、緊急事態宣言が解除され、クラシック界では手探りで公演が再開され始めた6 月末のこと。自粛で時間ができたことにより、いつもよりじっくり作品に向き合えたと振り返る。

研ぎ澄まされた音で立体的に編まれてゆく演奏からは、その成果が伝わってくる。表情豊かで起伏に富んでいるが、常に冷静だ。技巧が優れていることは言うまでもない。パルティータの中で最も有名な第2番終曲の〈シャコンヌ〉も、音楽の感情をコントロールしながら、ゴージャスな場面もどこか静謐さを感じさせる表現で聴かせる。

バロック彫刻の細部に光を当ててはっきりと見せてくれるような、クリアで清々しい録音だ。

神尾真由子
J・S・バッハ 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲
ソニー 3000円

務川慧悟 ショパン、ラフマニノフ、ブーレーズ ALM RECORDS 2800円

音楽とともに生き、探求し続ける覚悟

日本から世界に羽ばたく若き演奏家のアルバムを、もう一枚紹介したい。1993年生まれの務川慧悟(むかわけいご)は、東京藝術大学ののち、パリ国立高等音楽院で学ぶ。これまで数々のコンクールで入賞を果たしてきたが、昨年パリで開催されたロン= ティボー= クレスパン国際音楽コンクールピアノ部門で第2位に入賞し、また新しい活動の場を広げた。

アルバムに収録されているのは、ショパン、ラフマニノフ、ブーレーズ。

ショパンの〈ボレロ〉で、輝かしくも憂いのある若さを表現したあとは、〈バラード第1番〉へ。務川は、どんなに激しい場面でも聴き手を急かすことがない。優しい空気に包まれ、おだやかなペースで、ショパンが音楽で綴ったショートストーリーを味わうことができる。〈ノクターン第18番〉では、肩の力のぬけた漂うような表現が、晩年の作ならではの美しさ、透明感、深みを伝える。

ラフマニノフ〈楽興の時〉では、音の密度が増す。影と光を巧みに描きわけ、ロシア音楽らしい重みは残しながら、6つの小品の美点を繊細に浮かび上がらせる。

パリで学ぶピアニストらしい感性が発揮されているのが、ブーレーズ。フランス現代音楽界を代表するこの大作曲家が没した2016年は、務川の渡仏から間もない頃だったという。作品のタイトル「アンシーズ(挿入句)」は、務川の解説によれば、「主要パッセージのところどころに障害となるかのように細かい音符群が挿入されて、音楽のスムーズな進行を阻んでゆく」ことを意味する。くっきりと明晰な音で音楽が流れ、それを時折、複雑な和音がせきとめる。あたたかいロマン派作品とはまた別の“この世の一面”を見せる。

音楽とともに生き、探求し続ける覚悟が感じられるピアニスト。主張ははっきりしていながら、どこまでも自然体で押し付けるようなところがないので、いずれの作品でも、聴き手は自由に空想を膨らませることができる。

務川慧悟
ショパン、ラフマニノフ、ブーレーズ
ALM RECORDS 2800円

ジャンルで探す