緊急事態宣言 沖縄を除き20日で解除

ハイヒールモモコ、“ちちんぷいぷい”放送終了後の本音を吐露「何が辛いって…」

4月18日(日)、ハイヒール・モモコのYouTube公式チャンネル『モモコ新聞』に動画がアップ。21年半続いた『ちちんぷいぷい』(MBS)の最終日の様子を収めた動画に、大きな反響が集まっています。

 

お気に入りのメニューとは

今回モモコは、関西のお茶の間を楽しませてきた番組『ちちんぷいぷい』の最終日の舞台裏を公開しました。

メイク室に入り、まずはメイクかと思いきや、目の前には食事が。モモコが注文したのは「ナポリタン目玉焼きのせとアイスオーレ」。モモコが22歳頃から頼んでいた、大好きなメニューだそう。

その後スタッフに挨拶をして、いざ『ちちんぷいぷい』最後の放送へ。放送終了後にはレギュラーメンバーと記念撮影を行ない、番組スタッフから最後の挨拶があった後、モモコはあるものを手に持ちます。

それは、『ちちんぷいぷい』の初代パーソナリティーである角淳一をかたどった置物。「これ要らないですか?」とスタッフに尋ねたかと思えば、「ただ割りたいだけやねんけど」と話し、スタジオを笑わせていました。

何が辛いかと言えば…

編集後記として、MBSの思い出を語ったモモコ。『はーい!昼ナマ』といった番組に出演したことや、放送局までバイクで通っていたことを明かすとともに、“ナポリタン目玉焼きのせ”が食べられなくなることが一番辛いと言います。カメラマンからは笑いが漏れる中、いつかナポリタンを食べる動画をあげたいともコメント。

そのほか『ちちんぷいぷい』金曜日メンバーの話など、番組にまつわる思い出の数々が語られました。

 

今回の動画には、番組を視聴していたファンからも反響が殺到。「21年間本当にお疲れ様でした」「最終回はリアルタイムで泣きながら見ました」「モモコさんの放送も見てました〜ホントに終るのが残念」など、番組終了を悲しむ声や、モモコを労うコメントが多数寄せられていました。

ジャンルで探す