緊急事態宣言 沖縄を除き20日で解除

3月末で“解散”…窮地に立たされたトリオ芸人の結末に涙「感動しました」

3月31日(水)、バビロン・ノリがTwitterを更新。この日までにYouTubeチャンネルの登録者数が1万人に届かなかった場合、“トリオ解散”を宣言していたバビロン。登録者数1万人を目指し、長時間の生配信などさまざまな企画に取り組んできましたが、はたしてその結果は……?

 

芸人たちの力も借り…いざ運命の瞬間

この日、芸人たちもバビロンの解散を阻止すべく、Twitterにて最後の告知を行ないました。オズワルド・畠中は「絶対に解散は阻止したい!」と投稿。またぼる塾・あんりは「バビロンさんの解散なんて絶対に見たくない!!!!絶対嫌だ!!!!」「皆様ぜひチャンネル登録を!!」とファンに対しYouTubeチャンネル登録を呼びかけていました。

そうして芸人たちも協力する中で、いよいよ迎えた運命の瞬間。

発表されたYouTube登録者数は……なんと1万5,157人。目標の1万人を大幅に超え、見事解散を阻止しました。

これにノリは「沢山の芸人の皆様、監視隊の皆様、スタッフ関係者の皆様のお陰です」と投稿。また、おーちゃんは「これからは恩返し出来るように頑張ります!よろしくー!」とコメントし、千葉も「これからは恩返しをテーマにバビロンらしく突っ走っていきたいと思います!!」と決意表明。3人共に、これまで活動を支えてくれた全ての人への感謝を綴っていました。

解散回避を受け、ファンからは「バビロンさんのご活躍を見れると思うと嬉しいです」「日々真剣に芸と向き合って切磋琢磨している芸人さんってほんと素晴らしいです」と祝福するコメントが殺到。また多くの芸人仲間もバビロンの動向を見守っていたようで、「なんだかんだで緊張したし感動しました!号泣!」と投稿したしゅんしゅんクリニックPのほか、ニューヨーク・屋敷やワラバランス・宮崎など、芸人たちからも喜びのメッセージが届きました。

「勉強になります」 段ボールの開け方に反響

今回、見事解散を阻止したバビロン。Instagramでは“現場あるある”として数々の動画を投稿し、注目を集めています。

「カッターの使い方」というコメントと共に投稿された動画では、おーちゃんがカッターナイフの“刃”を使わず、一瞬で段ボールを開封。

刃を使わない“現場ならでは”の方法に、ファンからは「初めて知った!!友達に教えよっと」「勉強になります」「これってこの為にあったんですね」など、“勉強になった”との声が集まりました。

 

今回、YouTubeチャンネル登録者数1万人を達成したバビロン。3人の今後の活躍にも期待が膨らむ投稿でした。

ジャンルで探す