長澤まさみ 16歳で知り合った高橋一生のブレーク喜ぶ「親戚のように見守ってた」

映画「嘘を愛する女」の舞台挨拶絵を行った長澤まさみ(左)と高橋一生=大阪市内

 女優・長澤まさみ(30)と俳優・高橋一生(37)が13日、大阪市内で行われた映画「嘘を愛する女」(20日公開)の試写会で舞台あいさつを行った。
 2人は2004年に映画「世界の中心で、愛をさけぶ」で共演した当時に知り合ったといい、長澤は高橋の近年のブレークを「高橋さんと出会ったのは私が16歳の頃で、勝手に親戚のように見守っていました。『みんなの高橋さん』になったのがうれしいです」と喜んだ。
 「最近はどこに行っても『高橋さんてどんな人ですか』と聞かれるのがうれしい」と笑顔。その高橋の人柄を聞かれると「山で1人で罠を仕掛けてそうなサバイバルな感じで、罠は1つじゃなくていくつもですけど、今回共演して、甘いものが好きなことも知りました」と独特の紹介で笑いを誘っていた。

ジャンルで探す