関根勤が「ベスト・ファーザー賞」で受けた、賞とは無関係の失礼質問とは

関根勤

「素敵なお父さん」と呼ばれるに相応しい著名人に贈られる「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」。

 82年に始まり、これまでに映画監督の伊丹十三氏、「ミスター」こと長嶋茂雄氏、本田技研工業創業者・本田宗一郎氏、漫画家の手塚治虫氏、元東京都知事でタレントの青島幸男氏など、錚々たる顔ぶれの著名人が受賞してきた。
 
 タレントの関根勤も02年に芸能部門で受賞していたのだが、これが何とも冷や汗モノの授賞式となったようで‥‥。自身のYouTubeチャンネル〈関根勤チャンネル〉で明かしている(8月6日)。
 
「ベスト・ファーザー賞」ということで、関根は娘でタレントの麻里を育てた秘訣を訊かれるだろうと周到に準備していたという。「笑わして笑わして人生楽しいんだというのを刷り込みましたとか、絶対目の前では夫婦喧嘩はしないっていうことを誓ってちゃんとやりました…」などと頭で用意していたのだが、囲み取材の記者の第一声は、まさかの——。

「中山美穂さんと辻仁成さんが結婚しました。一言どうぞ!」

 当時の心境を関根はこう振り返った。
 
中山美穂さん? オレ、会ったことないのよ。話したこともないの、辻さんも。だから『ああ、そうですか…おめでとうございます』って‥‥」

 さらには、「西城秀樹さん結婚しましたけど?」とも問われ、「西城秀樹さんは、いろんなところでお会いしてて、本当に良い方でおめでとうございます!」と答えことまでは記憶にあるものの、「あと、何話したか覚えてない」という残念な成り行きに。
 
 晴れがましい舞台で、とんだ肩透かしにあったようだ。
 
(ユーチューブライター・所ひで)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

ジャンルで探す